finito!6/18(土)のFesta、お陰さまで順調に3回目を迎える事ができ、今回も大盛況のうちに終わりました。

今回は全体的に懇親会モードとし、途中CD鑑賞コーナー、DVD鑑賞コーナー、終盤にはギター生伴奏で歌うコーナーを設けて、全体的にリラックスムードながらも、活発な交流が図れたと思います。

CD鑑賞コーナーは、イタリアPOPS情報サイトの大御所のWebmasterさんにご協力いただき、それぞれのサイト内にアップされているCDレビューの音源を聞かせてもらう場となりました。

まずはPOP! ITALIANOのKAZUMAさんに2005年サンレモ音楽祭総合2位のToto Cutugno(トト・クトゥーニョ)を、Poohlover.netのSiriusさんにやはり2005年サンレモ音楽祭参加のAnna Tatangelo(アンナ・タタンジェロ)、そしてPensiero!のもあさんにAlessandro Errico(アレッサンドロ・エッリコ)を紹介して貰いました。atomosfera そしてAlessandro Erricoと親交が深かったというPaolo Ladu(パオロ・ラドゥ)のSolo un attimoという、サビ以外は日本語の曲を紹介しました。

その他には、Gatto Panceri(ガット・パンチェーリ)とGiorgia(ジョルジャ)の"C'e` da fare"聴き比べ、GattoのペンでスマッシュヒットとなったDennis(デンニス)の"Non basti tu"、リクエストによりLuigi Tenco(ルイジ・テンコ)の"Vedrai,vedrai"をかけました。

DVDでは、最新アルバムが大ヒット中のFrancesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)のライブ映像、日本盤も発売されたZucchero(ズッケロ)の最新アルバム『Zu & Co. Live at the Royal Albert Hall』からQueenのBrian Mayとのステージ、Luciano Pavarottiとのステージを流しました。そして目の保養にと、Paola&Chiara(パオラ&キアラ)の"Fino alla fine"、"Festival"と観てもらいました。そして、松本淳子の"Ma l'amore no"を流しました。 Paolo

さて、いよいよギター生伴奏で歌うコーナーです。今回は何とPaolo Laduがギターを持って来てくれたので、豪華!日伊ギターデュオと成りました〜!さすがにPaoloはギターもうまいし、歌もうまい。とっても楽しい歌の時間となりました。

今回の参加者は24名、うち新顔が7名、イタリア人が4名という構成。前回よりもさらに新顔が増えて、遠くは山形・酒田からのご参加と、ますます発展的な集いに成長してきて、主宰者としてもとても嬉しく思っております。

次回は7月16日(土)に開催したいと思います。今回参加できなかった方、ぜひお待ちしていますよ!パーティ慣れしていなくて・・・・人見知りが激しくて・・・という方にも、毎回とても楽しんで貰えていますので、思い切りが付かなかった方々もご安心してご参加下さいね。