Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第151回イタリアPOPSフェスタ(2018年2月)レポート(第2部:Ermal Meta)

Ermal Meta(エルマル・メータ/37歳)のアルバム『Vietato morire』(2017)から。
Ermal Meta - Vietato morire

彼はアルバニア国生まれのアルバニア人で、実父のDVから逃れるため、13歳時に母や兄弟とイタリアはPuglia州Bariに渡ってイタリアに帰化したという出自の持ち主。サンレモ音楽祭には早くも2006年の新人部門にAmeba 4(アメーバ・クアットロ)のメンバーとして出場、翌2007年にはLa Fame di Camilla(ラ・ファーメ・ディ・カミッラ)を結成して、サンレモ2010新人部門にも出場している。

2012年ごろからソロ活動を始め、Emma(エンマ)やAnnalisa(アンナリーザ)、Marco Mengoni(マルコ・メンゴーニ)などの歌手仲間やベテランのPatty Pravo(パッティ・プラヴォ)らにたくさんの楽曲提供することで頭角を現して注目を集めるようになり、自身のサンレモ音楽祭初出場は、2016年の新人部門で結果は3位。

翌2017年の同音楽祭ではアルバムタイトル曲「Vietato morire(意:死ぬのは禁止)」で大賞部門に出場して3位に登る大躍進を果たす。同曲は自らの経験が元になったと想像できるDVを題材にしている。

彼がサンレモ音楽祭2017の第3夜のカヴァー大会で披露したのは、イタリア音楽の金字塔を築いたDomenico Modugno(ドメニコ・モドゥーニョ/1928-1994/66歳没)の隠れた名曲「Amara terra mia(意:悲痛の我が大地)」。14世紀のアブルッツォ伝承歌をベースにModugnoが1971年に発表した楽曲で、ひたすら暗く淡々と歌われるこの楽曲の後半を、まさかのオクターヴ上の歌唱で披露して、圧巻のカヴァー大会優勝を勝ち取った。

※当サイトでのDomenico Modugnoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Domenico_Modugno

同アルバムからのシングル第2弾「Ragazza paradiso(意:天国娘)」は、ラジオ105賞を受賞。

当初アルバムにはソロ歌唱ヴァージョンが収録されていた「Voodoo Love」だが、スペインの人気バンドJarabedepalo(ハラベデパーロ)をゲストに迎えたヴィデオクリップが公開された。

「Piccola anima(意:ちょっとした気持ち)」 は、Elisa(エリーザ)とのデュエット。

※当サイトでのElisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa

そんな大活躍した2017年を終え、翌2018年のサンレモ音楽祭には先輩カンタウトーレFabrizio Moro(ファブリツィオ・モーロ/43歳/Roma出身)とタッグを組んで出場し、共作曲「Non mi avete fatto niente(意:君たちは僕に何もしなかった)」で、遂に優勝を勝ち取った。

※当サイトでのFabrizio Moroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fabrizio_Moro

第4夜にはサンレモ音楽優勝経験者Simone Cristicchi(シモーネ・クリスティッキ/41歳/Roma出身)をゲストに迎えて同曲を3人で熱唱した。

※当サイトでのSimone Cristicchiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simone_Cristicchi

※当サイトでのErmal Metaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ermal_Meta


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2018年に達する年齢で表記。

第151回イタリアPOPSフェスタ(2018年2月)レポート(第1部:Francesco Gabbani)

Francesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ/36歳/Toscana州Carrara出身)のアルバム『Magellano(意:マゼラン)』(2017)から。なお、同アルバムには背景が白のイタリア盤(9曲入り)、同時発売で背景が黄色のインターナショナル盤(+ボーナストラック1曲/タイトル名は英語表記の"Magellan")、さらに後に背景が赤のSpecial盤(16曲入り)がリリースされている。プロデュースは彼のサンレモ音楽祭出場時にオーケストラ指揮を務めていたLuca Chiaravalli(ルカ・キァラヴァッリ)。
Francesco Gabbani - Magellan

サンレモ音楽祭2016の新人部門で「Amen(アーメン)」を歌って部門優勝を遂げ、翌2017年は同音楽祭の大賞部門に出場して、見事優勝を勝ち取ったサクセス・ストーリーを歩む注目のカンタウトーレ。

そのサンレモ音楽祭2017優勝曲が「Occidentali's karma(意:西洋のカルマ[業/ごう])」だ。西洋文化に対してシニカルな立場=東洋文化への接近というステレオタイプの楽曲なので、ヴィデオクリップが面白い。歌詞にある"ハダカの猿が踊る"をフィーチャーして、猿(ゴリラ?)の着ぐるみダンサーも踊る。この着ぐるみダンサーはサンレモ音楽祭でも毎晩登場して彼のステージを盛り立てていた。

https://youtu.be/i4HmDV0wmOg

その彼がサンレモ2017の第3夜のカヴァー大会で披露したのは、Adriano Celentano(アドリァーノ・チェレンターノ/80歳)の1984年発表曲「Susanna, Susanna(スザンナ)」。

※当サイトでのAdriano Celentanoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Adriano_Celentano

2017年夏のイタリアでスマッシュヒットとなったのは「Tra le granite e le granate(意:シロップとザクロの間に)」

「Pachidermi e pappagalli(意:厚皮動物とオウム[=鉄面皮と受け売り屋])」は、陰謀論主義の人々を風刺している作品。美しい風景のロケ地はSardegna州SassariのOlbia e il mare di Golfo Aranci。ラッパーのSalmo(サルモ)がカメオ出演しているのも見どころ。

「La mia versione dei ricordi(意:僕の想い出のヴァージョン)」は、Wham!(ワム)の「Last Christmas」へのオマージュ作品とのこと。雪景色はTrentino-Alto AdigeのSan Cassianoロケ。

※当サイトでのFrancesco Gabbaniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_Gabbani


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2018年に達する年齢で表記。

第151回イタリアPOPSフェスタ(2018年2月)参加者募集

紹介予定:
Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)CD『24.02.67』(2017)、DVD『Il giro del mondo in 50 storie』(2017)
Francesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ)CD『Magellano』(2017)
Ermal Meta(エルマル・メータ)CD『Vietato morire』(2017)
Amara(アマラ)CD『Pace』(2017)
Paolo Vallesi(パオロ・ヴァッレージ)CD『Un filo senza fine』(2017)

2018-02EV

※当サイトでのGigi D'Alessioの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigi_D'Alessio

※当サイトでのErmal Metaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ermal_Meta

※当サイトでのAmaraの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Amara

※当サイトでのPaolo Vallesiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Paolo_Vallesi

イタリアPOPSの話題のアルバムや最新曲、アーティストのエピソードなどを日本語解説で補足しながら、音と映像で思う存分楽しめる楽しい音楽イベントです。

東京スカイツリーを間近に望む夜景と、 来場者持ち寄りの飲食物を一緒に味わえるのも人気です!

なお、Eメールアドレスをお知らせいただいた参加者には、FESTA参加後、もれなく秘密のプレゼントがあります。(注:携帯メールアドレスには、プレゼントのご提供ができない場合あります。)

日時:2018年02月18日(日) 15:00〜19:30(14:30開場)

会費:1,000円

※飲食物のお持ち寄りをお願いいたします:取り分けし易いものがベターです。ご自分がお好きなもの・食べたいものを数人前ぐらいで充分です。

席数:ご予約順の先着20名(要・予約)

会場:東京・JR亀戸駅 徒歩2分(予約者のみに詳細をお知らせいたします

注意事項
※先着20名に達し次第、募集を締め切ります。
※席数に達しなかった場合でも、準備の都合上、予約締切は会期前日とします。
※音楽鑑賞タイムは、音楽を鑑賞する目的の参加者の迷惑とならないよう各自ご注意ください。

参加ご希望の方はコチラからお申し込みください。 (予約制)

第68回サンレモ音楽祭2018年/ 68°Festival della Canzone Italiana di Sanremo 2018

claudio-baglioni-sanremo-2018

会期:2018年2月6日〜10日(5日間)
場所:サンレモ市アリストン劇場
司会:Claudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ/アートディレクター兼任)、Michelle Hunziker(ミシェール・フンツィケル)、Pierfrancesco Favino(ピエールフランチェスコ・ファビーノ)
Baglioni-Hunziker-Favino
平均視聴率:52.16%
(最高視聴率:最終夜後半68.90%、瞬間最高視聴率:最終夜優勝発表時76.57%)

【大賞部門(Campioni)】
■優勝:「Non mi avete fatto niente(意:君たちは僕に何もしてくれなかった)」
(di E. Meta, F. Moro, A. Febo)
Ermal Meta e Fabrizio Moro(エルマル・メータ & ファブリツィオ・モーロ)
※TIMミュージック賞
※第4夜のゲスト:Simone Cristicchi(シモーネ・クリスティッキ/歌手)
※ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2017出場権獲得
Ermal Meta Fabrizo Moro
Ermal Meta Fabrizo Moro-vincitori

■2位:「Una vita in vacanza(意:休暇中の生活)」
(di L. Guenzi, A. Cazzola, F. Draicchio, M. Romagnoli, A. Guidetti, E. Roberto)
Lo Stato Sociale(ロ・スタート・ソチャーレ)
指揮:Fabio Gargiulo(ファビオ・ガルジゥロ)
※ルーチョ・ダッラ賞(記者クラブ賞)
※第4夜のゲスト:Paolo Rossi(パオロ・ロッシ/俳優、歌手)、il Piccolo Coro dell'Antoniano(イル・ピッコロ・コーロ・デッラントニァーノ/子供合唱団)
lo stato sociale

■3位:「Il mondo prima di te(意:君の前の世界)」
(di A. Scarrone, D. Simonetta, A. Raina)
Annalisa(アンナリーザ)
指揮:Pino Perris(ピーノ・ペッリス)
※第4夜のゲスト:Michele Bravi(ミケーレ・ブラーヴィ/歌手) Annalisa

■4位:「Almeno pensami(意:少なくとも僕のことを想ってくれ)」
(di L. Dalla)
Ron(ロン)
指揮:Peppe Vessicchio(ペッペ・ヴェッシッキォ)
※ミア・マルティーニ賞(批評家賞)
※第4夜のゲスト:Alice(アリーチェ/歌手)

■5位:「Imparare ad amarsi(意:愛し合う事を覚える)」
(di Bungaro, Pacifico, C. Chiodo, A. Fresa)
Ornella Vanoni con Bungaro e Pacifico(オルネッラ・ヴァノーニ・コン・ブンガロ & パチフィコ)
指揮:Antonio Fresa(アントニオ・フレーザ)
※セルジョ・エンドリゴ賞(最優勝パフォーマンス賞)
※第4夜のゲスト:Alessandro Preziosi(アレッサンドロ・プレツィオーズィ/俳優、歌手)

■6位:「La leggenda di Cristalda e Pizzomunno(意:クリスタルダとピッツォムンノの伝説)」
(di F. Gazze`, M. Gazze`, F. De Benedettis)
Max Gazze`(マックス・ガッゼ)
指揮:Clemente Ferrari(クレメンテ・フェッラーリ)
※ジァンカルロ・ビガッツィ賞(最優秀作曲賞)
※第4夜のゲスト:Rita Marcotulli(リタ・マルコトゥッリ/ジャズピアニスト、作曲家)、Roberto Gatto(ドラマー)

■7位:「Passame er sale(意:僕に塩をとって)」
(di L. Barbarossa)
Luca Barbarossa(ルカ・バルバロッサ)
指揮:Clemente Ferrari(クレメンテ・フェッラーリ)
※ルネツィア賞(文学的歌詞賞)
※第4夜のゲスト:Anna Foglietta(アンナ・フォリェッタ/女優)

■8位:「Adesso(意:今)」
(di A. Diodato)
Diodato e Roy Paci(ディオダート & ロイ・パーチ)
指揮:Vincenzo Presta(ヴィンチェンツォ・プレスタ)
※第4夜のゲスト:Ghemon(ゲーモン/ラッパー)

■9位:「Frida [mai, mai, mai](フリーダ [決して、決して、決して])」
(di D. Petrella, D. Faini, A. Raina, A. Fiordispino)
The Kolors(ザ・コロルス)
指揮:Luca Chiaravalli(ルカ・キァラヴァッリ)
※第4夜のゲスト:Tullio De Piscopo(トゥッリォ・デ・ピスコポ/ドラマー、歌手)、Enrico Nigiotti(エンリコ・ニジォッティ/歌手)

■10位:「Eterno(意:永遠の)」
(di Cheope, G. Caccamo)
Giovanni Caccamo(ジォヴァンニ・カッカモ)
指揮:Stefano Nanni(ステファノ・ナンニ)
※第4夜のゲスト:Arisa(アリーザ/歌手)

■11位:「Cosi` sbagliato(意:こんな風に間違った)」
(di F. Sarcina, A. Bonomo, L. Chiaravalli, D. Simonetta)
Le Vibrazioni(レ・ヴィブラツィオーニ)
指揮:Luca Chiaravalli(ルカ・キァラヴァッリ)
※第4夜のゲスト:Skin(スキン/英歌手)

■12位:「Il coraggio di ogni giorno(意:毎日の勇気)」
(di Pacifico, E. Avitabile, P. Servillo)
Enzo Avitabile con Peppe Servillo(エンツォ・アヴィタービレ・コン・ペッペ・セルヴィッロ)
指揮:Roberto Rossi(ロベルト・ロッシ)
※第4夜のゲスト:Avion Travel(アヴィオン・トラヴェル/バンド)、Daby Toure'(デイヴィー・トゥレ/モーリタニア歌手)

■13位:「Custodire(意:守ること)」
(di R. Rubino)
Renzo Rubino(レンツォ・ルビーノ)
指揮:Marcello Faneschi(マルチェッロ・ファネスキ)
※第4夜のゲスト:Serena Rossi(セレーナ・ロッシ/女優、歌手)

■14位:「Non smettere mai di cercarmi(意:私を探すことを決して止めないで)」
(di D. Calvetti, M. Pelan, V. Scopelliti, F. De Martino)
Noemi(ノエミ)
指揮:Diego Calvetti(ディエゴ・カルヴェッティ)
※第4夜のゲスト:Paola Turci(パオラ・トゥルチ/歌手)

■15位:「Ognuno ha il suo racconto(意:誰もに己の物語がある)」
(di R. Canzian, M. Porru)
Red Canzian(レッド・カンツィアン)
指揮:Fabio Gurian(ファビオ・グリアン)
※第4夜のゲスト:Marco Masini(マルコ・マジーニ/歌手)

■16位:「Lettera dal duca(公爵からの手紙)」
(di S. Capeccia, E. Ruggeri, F. Muzio)
Decibel(デチベル)
指揮:Roberto Rossi(ロベルト・ロッシ)
※第4夜のゲスト:Midge Ure(ミッジ・ユーロ/スコットランド・ロック歌手)

■17位:「Senza appartenere(意:所属することなく)」
(di G. Angi, A. Iammarino)
Nina Zilli(ニナ・ズィッリ)
指揮:Valeriano Chiaravalle (ヴァレリァーノ・キァラヴァッレ)
※第4夜のゲスト:Sergio Cammariere(セルジォ・カンマリエーレ/歌手)

■18位:「Il segreto del tempo(意:時の秘密)」
(di Pacifico, R. Facchinetti)
Roby Facchinetti e Riccardo Fogli(ロビー・ファッキネッティ & リッカルド・フォッリ)
指揮:Danilo Ballo(ダニーロ・バッロ)
※第4夜のゲスト:Giusy Ferreri(ジゥズィ・フェッレーリ/歌手)

■19位:「Rivederti(意:君に再会すること)」
(di M. Biondi, G. Furnari, D. Fisicaro)
Mario Biondi(マリオ・ビオンディ)
指揮:Peppe Vessicchio(ペッペ・ヴェッシッキォ)
※第4夜のゲスト:Ana Carolina(アナ・カロリーナ/ブラジル歌手)、Daniel Jobim(ダニエル・ジョビン/歌手)

■20位:「Arrivedorci(アッリヴェドルチ=おそらくArrivederci[さようなら]とDolci[甘い/お菓子]を掛け合わせた造語)」
(di S. Conforti, S. Belisari, D.L. Civaschi, N. Fasani)
Elio e le Storie Tese(エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ)
指揮:Peppe Vessicchio(ペッペ・ヴェッシッキォ)
※第4夜のゲスト:Neri per Caso(ネリ・ペル・カーゾ/コーラスグループ)


【新人部門(Nuove Proposte)】
■優勝:「Il ballo delle incertezze(意:ためらいのダンス)」
(di N. Moriconi)
Ultimo(ウルティモ)
指揮:Diego Calvetti(ディエゴ・カルヴェッティ)
※新人部門ルネツィア賞(文学的歌詞賞)
Ultimo - vincitore Nuove Proposte

■2位:「Stiamo tutti bene(意:僕らは皆元気だ)」
(di M. Mancini)
Mirkoeilcane(ミルコエイルカーネ)
指揮:Fio Zanotti(フィオ・ザノッティ)
※セルジォ・バルドッティ賞(最優秀作詞賞)
※新人部門ミア・マルティーニ賞(批評家賞)
※新人部門エンツォ・ヤンナッチ賞(パフォーマンス賞)
※PMI賞(インディーズ賞)
Mircoeilcane - 2° Nuove proposte

■3位:「Il mago(意:魔術師)」
(di M. Mudimbi, A. Bonomo, M. Zangirolami, A. Bavo, F. Vaccari, P. Miano)
Mudimbi(ムディンビ)
指揮:Umberto Iervolino(ウンベルト・イェルヴォリーノ)
※新人部門音楽達人賞
Mudimbi- 3°Nuove Proposte

■選外:「Il congiuntivo(意:接合法)」
(di L. Baglioni, M. Baglioni, L. Piscopo)
Lorenzo Baglioni(ロレンツォ・バリォーニ)
指揮:Diego Calvetti(ディエゴ・カルヴェッティ)

■選外:「Cosa ti salvera`(何が君を救うのだろう)」
(di A. Di Martino, A. Filippelli)
Eva(エヴァ)
指揮:Clemente Ferrari(クレメンテ・フェッラーリ)

■選外:「Come stai(意:ごきげんよう)」
(di G. Casieri, A. Ravasio)
Giulia Casieri(ジゥリア・カズィエリ)
指揮:Massimo Morini(マッシモ・モリーニ)

■選外:「Bianca(ビアンカ)」
(di M. Ciappelli, V. Tosetto)
Leonardo Monteiro(レオナルド・モンテイロ)
指揮:Dariana Koumanova(ダリアナ・コウマノーヴァ)

■選外:「Specchi rotti(意:割れた鏡)」
(di A. Caioli, P. Muscolino)
Alice Caioli(アリーチェ・カイオリ)
指揮:Massimo Morini(マッシモ・モリーニ)
※新人部門ルーチョ・ダッラ賞(記者クラブ賞)受賞


【副賞】
■ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2018出場権:「Non mi avete fatto niente」/Ermal Meta e Fabrizio Moro

■ミア・マルティーニ賞(批評家賞):「Almeno pensami」/Ron

■ルーチョ・ダッラ賞(記者クラブ賞):「Una vita in vacanza」/Lo Stato Sociale

■セルジォ・エンドリゴ賞(最優秀パフォーマンス賞):「Imparare ad amarsi」/Ornella Vanoni con Bungaro e Pacifico

■ルネツィア賞(文学的歌詞賞):「Passame er sale」/Luca Barbarossa

■ジャンカルロ・ビガッツィ賞(最優秀作曲賞):「La Leggenda di Cristalda e Pizzomunno」/Max Gazze`

■セルジォ・バルドッティ賞(最優秀作詞賞):「Stiamo tutti bene」/Mirkoeilcane

■TIMミュージック賞 : 「Non mi avete fatto niente」/Ermal Meta e Fabrizio Moro

■ミア・マルティーニ賞(批評家賞)[新人部門]:「Stiamo tutti bene」/Mirkoeilcane

■ルネツィア賞(文学的歌詞賞)[新人部門]:「Il ballo delle incertezze」/Ultimo

■エンツォ・ヤンナッチ賞(最優秀パフォーマンス賞)[新人部門]:「Stiamo tutti bene」/Mirkoeilcane

■音楽達人賞[新人部門]:「Il Mago」/Mudimbi

■ルーチョ・ダッラ賞(記者クラブ賞)[新人部門]:Specchi rotti/Alice Caioli

■サンレモ市賞(キャリア賞):Milva(ミルヴァ) Milva - premio-alla-carriera


【プロ審査委員】
審査委員長:Pino Donaggio (ピーノ・ドナッジォ/カンタウトーレ、作曲家)、Giovanni Allevi (ジォヴァンニ・アッレヴィ/ピアニスト、作曲家)、Serena Autieri (セレーナ・アウティエリ/女優、歌手)、Milly Carlucci (ミッリー・カルルッチ/TV司会者)、Gabriele Muccino (ガブリエレ・ムッチーノ/映画監督)、Rocco Papaleo (ロッコ・パパレオ/俳優、監督)、Mirca Rosciani (ミルカ・ロッシァーニ/ピアニスト)、Andrea Scanzi (アンドレア・スカンツィ/ジャーナリスト)
Giuria di espertii


【主なゲスト】
■第1夜:Fiorello(フィオレッロ/歌手)Fiorello-OP2
Gianni Morandi(ジァンニ・モランディ/歌手) Gianni Morandi-OP
Gabriele Muccino(ガブリエレ・ムッチーノ/映画監督)、映画『A casa tutti bene』出演者 A casa tutti bene

■第2夜:Biagio Antonacci(ビァージォ・アントナッチ/歌手) Biagio Antonacci-OP
Il Volo(イル・ヴォーロ/ヴォーカル・トリオ) Il Volo-OP
Sting(スティング/英歌手) Sting-OP
Roberto Vecchioni(ロベルト・ヴェッキォーニ/歌手) Roberto Vecchioni-OP
Pippo Baudo(ピッポ・バウド/TV司会者)

■第3夜:Negramaro(ネグラマーロ/バンド) Negramaro-OP
Gino Paoli(ジーノ・パオリ/歌手) & Danilo Rea(ダニーロ・レア/ピアニスト) Gino Paoli + Danilo Rea-OP
James Taylor(ジェームズ・テイラー/米歌手), Giorgia(ジョルジア/歌手) James Taylor - Giorgia-OP
Virginia Raffaele(ヴィルジーニャ・ラッファエレ/女優)、Claudio Santamaria(クラウディオ・サンタマリア/俳優)、Claudia Pandolfi(クラウディア・パンドルフィ/女優)

■第4夜:Martina Corgnati(マルティナ・コルニャーティ/美術史家、Milvaの娘) Martina Corgnati - Premio Milva
Gianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ/歌手) Gianna Nannini-OP
Piero Pelu`(ピエロ・ペルー/歌手) Piero Pelu-OP

■第5夜:Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア/歌手) Fiorella Mannoia
Laura Pausini(ラウラ・パウジーニ/歌手) Laura Pausini
Nek(ネック/歌手)、Max Pezzali(マックス・ペッツァーリ/歌手)、Francesco Renga(フランチェスコ・レンガ/歌手)
Pezzali + Nek + Renga
Antonella Clerici(アントネッラ・クレリチ/TV司会者)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ