Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第26回 太陽カンツォーネ・コンコルソ本選会速報(2018年)

『第26回 太陽カンツォーネ・コンコルソ本選会』の結果速報。
2018年6月16日(土) 於:東京・浜離宮朝日ホール

【ポピュラー部門上位入賞者】
優勝: 杉 直人(大阪)Sei la vita mia (Mario Rosini/2005)
2位: 南 裕理子(東京)Quello che le donne non dicono (Fiorella Mannoia/1987)
3位:磯田 三津子(千葉)Per te (Josh Groban/2003)
河合秀朋賞:中村 悦子(東京)Passera` (Aleandro Baldi/1994)
特別賞:角張 由紀恵(山口)Nella Fantasia (Sarah Brightman/1998)
特別賞:村橋 ちか子(福岡)Una casa in cima al mondo (Pino Donaggio, Claudio Villa/1966)
特別賞:井上 み沙(東京)Quand'ero piccola (Mina/1968)

杉 直人
ポピュラー部門・優勝:杉 直人

南 裕理子
ポピュラー部門・2位:南 裕理子

磯田 三津子
ポピュラー部門・3位:磯田 三津子

中村 悦子
ポピュラー部門・河合秀朋賞:中村 悦子

角張 由紀恵
ポピュラー部門・特別賞:角張 由紀恵

村橋 ちか子
ポピュラー部門・特別賞:村橋 ちか子

井上 み沙
ポピュラー部門・特別賞:井上 み沙

【クラシック部門上位入賞者】
優勝:藤堂 伊吹(東京)La spagnola
2位:三村 卓也(東京)Dicitencello vuie
3位:石井 芳雄(岩手)Mamma

藤堂 伊吹
クラシック部門・優勝:藤堂 伊吹

三村 卓也
クラシック部門・2位:三村 卓也

石井 芳雄
クラシック部門・3位:石井 芳雄

なお、クラシック部門の上位入賞者は2018年8月25日開催の『夏の祭典 No.24ナポリターナ共演(於:浜離宮朝日ホール)』に出演予定。
Napoletana 2018

ポピュラー部門の上位入賞者は2018年9月29日開催の『No.68 カンツォーネ大集合(於:ヤクルトホール)』に出演予定。
Amici della Canzone 2018

【ポピュラー部門入賞者リスト(出場順)】
 1) 夏川 美沙(神奈川)Come sinfonia (Pino Donaggio, Teddy Reno/1961)
 2) 三原 てる子(東京)Un vento senza nome (Irene Grandi/2015)
 3) 岸上 美保(香川)Con te partiro` (Andrea Bocelli/1997)
 4) 斎藤 直樹(愛知)Il mondo (Jimmy Fontana/1965)
 5) オリビア 太田(神奈川)Tutta colpa mia(Elodie/2017)
 6) 角張 由紀恵(山口)Nella Fantasia (Sarah Brightman/1998)
 7) 野崎 多香子(愛知)Quello che le donne non dicono (Fiorella Mannoia/1987)
 8) 村橋 ちか子(福岡)Una casa in cima al mondo (Pino Donaggio, Claudio Villa/1966)
 9) 宮代 隼人(埼玉)Ti parlero` d'amore (Massimo Ranieri/1997)
10) 川西 玲子(福岡/※当日欠場)Io sono il vento (Gino Latilla, Arturo Testa/1959)
11) 田中 耕三郎(神奈川)Addio...addio...(Domenico Modugno, Claudio Villa/1962)
12) 杉 直人(大阪)Sei la vita mia (Mario Rosini/2005)
13) 森 岳三(千葉)Perdere l'amore (Massimo Ranieri/1988)
14) 南 裕理子(東京)Quello che le donne non dicono (Fiorella Mannoia/1987)
15) 磯田 三津子(千葉)Per te (Josh Groban/2003)
16) 石黒 真(千葉)Sei la vita mia (Mario Rosini/2005)
17) 鈴木 久子(埼玉)Liebelei (Milva/1961)
18) 中村 悦子(東京)Passera` (Aleandro Baldi/1994)
19) 井上 み沙(東京)Quand'ero piccola (Mina/1968)

【クラシック部門入賞者リスト(出場順)】
 1) 原口 恵子(東京)Non ti scorda di me
 2) 嘉向 秀雄(新潟)Dicitencello vuie
 3) 石井 芳雄(岩手)Mamma
 4) 松山 真理(東京)Musica proibita
 5) 七條 功(香川)La strada nel bosco
 6) 齋藤 匡章(新潟)Dicitencello vuie
 7) 今井 共七郎(千葉)Silenzio cantatore
 8) 藤堂 伊吹(東京)La spagnola
 9) 三村 卓也(東京)Dicitencello vuie

主催:日本カンツォーネ友の会
協賛:荒井基裕カンツォーネ研究会
後援:芸術現代社、Araiぴあっつぁ 他

2019年度の第27回 太陽カンツォーネ・コンコルソ(本選会:2019年7月6日)への出場要項・出場申込書は以下のリンクからPDFがダウンロードできます。
http://piccola-radio-italia.com/Canzone%20Concorso%202019.pdf

お問合わせは、荒井基裕カンツォーネ研究所コンコルソ事務局まで。TEL03-3384-2110/ 0422-48-7957

【来日公演】Goblin映画『ゾンビ』シンクロ生演奏&大阪公演ベスト・ヒット・ショー

2016年に始まった『映画上映&サントラのシンクロ生演奏』企画が好評なGoblin(ゴブリン)来日公演だが、同企画3回目となる2018年の来日が決定した。

映画作品を全編上映し、彼らが映画に忠実にシンクロさせた生演奏を行うという凝った企画で、第1弾&2弾ともチケットがすぐにソールド・アウトとなった大好評企画の第3弾。

ちなみに第1弾となる2016年にはDario Argento(ダリオ・アルジェント)監督作品で初の世界的大ヒットとなった『Suspiria(サスペリア)』(1977年作品)、2017年には同監督の『Profondo Rosso(サスペリア 2)』(1975年作品/実は続編ではなく『サスペリア』より2年前に製作された作品)
第1弾のライヴの様子はこちら

Goblin-citta_lite

今回の第3弾は世界の"マスターズ・オブ・ホラー"映画『ゾンビ(Zombie/Dawn of the Dead)』(1978年作品/George A. Romeo監督)が上映される。当時世界中にゾンビ・ブームを巻き起こした大ヒット作品&ロメオ監督の出世作で、オリジナルの英語版は著作権フリー音楽が使われているが、Dario Argentoが監修したイタリア語吹き替え版『Zombi』にはGoblinのオリジナル曲が採用され、迫りくる恐怖がこれでもかと押し寄せる強烈なサウンドでひしめいており、映画作品そのものを別モノと認識させる出来映えだ。Goblin側のたっての希望で、今回の公演では本邦初上映となるイタリア語吹き替え版+日本語字幕での上演という嬉しいセレクションとなる!

音響は川崎チネチッタに新導入された、噂の最新鋭ハイエンド音響装置「LIVE ZOUND」を使い、『ゾンビ』の恐怖の異次元世界が蘇るという。川崎チネチッタ(映画館)と、創立30周年を迎えるライヴ会場クラブチッタが揃ったラ・チッタデラならではの、ここでしか実現できないライヴ・スペクタクルとなるのは必至だ。

参考:「LIVE ZOUND」で実際に映画を観た体験者の声によると、
> 一般的なサラウンドを遥かに超える臨場感だった
> 微細な音がよりクリアにハッキリ聴こえた
> 音のカタマリがぶつかって来るフィーリングは正に『衝撃波』 だった
結果、その映画の世界により深く浸ることができた、という多くの称賛の声多数。

さらにはGoblinの名盤たる2ndアルバム『Roller(ローラー)』(1976)もライヴで完全再現するという嬉しいサービスも。このアルバムはサントラ盤ではなく、彼ら初のオリジナルアルバムで、バンドとしての本領を発揮した渾身の作品集というところが人気の秘密だ。さらにはGoblinベスト・ヒット・ショー(過去の来日時に演奏されなかった曲もあるという噂)&製作中のNewアルバムから蔵出しの新曲披露もあるという。

2015年以降のGoblinは、メンバーがそれぞれのバンド名を名乗り、3〜4グループに別れて活動しており、今回来日するのはバンド創始者のひとりClaudio Simonetti(クラウディオ・シモネッティ/Key・Gt・Programming)が率いるClaudio Simonetti's Goblinで、Bruno Previtali(ブルーノ・プレヴィターリ/Gt・ブズーキ)、Cecilia Nappo(チェチリア・ナッポ/B)、Titta Tani(ティッタ・タニ/Ds・Perc)の4人編成。昨年までの来日公演はトリオ編成だったが、今年新加入となった女性ベーシストCeciliaの存在が光り、さらにライヴ感溢れる生演奏になるという前評判だ。
SIMONETTI'S-GOBLIN-lite

【川崎公演情報】
日時:2018年10月27日(土)Open 16:00 / Start 17:00 (終演予定20:30)
会場:CLUB CITTA'(クラブチッタ) 神奈川県川崎市川崎区小川町5-7 Tel:044-246-8888
チケット代:¥13,000(前売/税込)
※特別記念CD付き:アーティスト秘蔵のアウトテイク音源収録の完全限定盤ミニCD(公演当日渡し)
※入場の際にドリンク代¥500が必要となります。
席数:全席指定600席限定

【TICKET INFO】
━チケット先行販売情報━
【bayfm78「POWER ROCK TODAY」特別電話先行】
◎6/2(土)深夜 bayfm78「POWER ROCK TODAY」番組内にてチケット特別電話先行の受付実施が決定致しました!
番組用にご用意致しました"最前列を含む 優先的なお席"の受付となります。お聞き逃しなく!!
※お申込頂いたチケットは、翌日より、お近くのチケットぴあ窓口にてお引換頂けます。

【CLUB CITTA'ホームページ先行受付】※抽選制
申込URL:http://clubcitta.co.jp/ticket/
受付期間 6/2(土)午前0:00〜6/7(木)23:59 抽選日:6/8(金) 振込締切:6/12(火)
受付期間◆6/10(日)午前0:00〜6/14(木)23:59 抽選日:6/15(金) 振込締切:6/19(火)

【SHOP店頭先行販売】 6/9(土)〜
ディスクユニオン新宿プログレッシヴ・ロック館:03-3352-2141
目白ワールド・ディスク:03-3954-5348
RECOfan 渋谷BEAM店:03-3463-0171
タワーレコード川崎店:044-245-9522

━チケット一般発売情報━
【チケット 6月23日(土)一般発売開始】
★チケットぴあ 0570-02-9999 http://t.pia.jp/【Pコード:119-120】
★ローソンチケット 0570-084-003 http://l-tike.com/【Lコード:70683】
★イープラス http://eplus.jp/
★楽天チケット http://r-t.jp

-チケット購入者限定-
【来日記念!!! 豪華特典付き 公演プレミアム・パッケージを販売】
20名〜25名限定 ¥20,000(税込)
<内容>
1. 本番前のリハーサルを見学して参加者だけに特別に演奏されるステージを間近で鑑賞。
2. 開演前のステージ上でアーティストと一人ずつ記念撮影。(特製ブロマイドにしてプレゼント!)
3. 公演アーティスト オフィシャルTシャツ
4. 公演記念パンフレット(サイン色紙付)
 (*売切れ必至の上記2アイテムをあらかじめ確保いたします。) 5. 公演アーティスト・オリジナル記念品。(非売品)
◎公演チケットをご購入の来場者の方を対象に抽選予約販売となります。
◎受付方法は、チケット一般発売開始(6/23(土)後に公演オフィシャル・サイト(http://best-italianrock.com/)に掲載させて頂きます。


【大阪公演情報】
バンド側のたっての希望により"手が届く距離"でのオールスタンディング会場で 大阪公演だけのベスト・オブ・ゴブリン・ヒット・ショー!

「サスペリア」「サスペリア2」「ゾンビ」「シャドー」「フェノミナ」などの歴代ホラー映画サウンドトラックの名曲を中心に、秀逸の作品「ローラー」「マークの幻想の旅」からのヒット曲を網羅し、大阪公演だけのために特別にセレクトするベスト・オブ・ゴブリン 特別拡大版!!映画ファン、イタリアン・ロック・ファン必聴&必見の熱狂のパフォーマンスを至近距離で体験!!

【演奏予定曲】 Suspiria / Profondo Rosso / Zombi / Roller / Demon / Non ho sonno / Tenebre

★大阪公演詳細情報
http://best-italianrock.com/special-osaka/
Goblin-osaka-lite

日時:2018年10月26日(金)Open 18:00 / Start 19:00
会場:梅田Shangri-La 大阪市北区大淀南1-1-14 TEL 06-6343-8601
チケット代:¥8,500(前売/税込)オールスタンディング
※入場の際にドリンク代¥600が必要となります。

【TICKET INFO】
━チケット先行販売情報━
【CLUB CITTA'ホームページ先行受付】※抽選制
http://clubcitta.co.jp/ticket/
☆受付期間:
6/2(土)午前0:00〜6/7(木)23:59 抽選日:6/8(金) 振込締切:6/12(火)
6/10(日)午前0:00〜6/14(木)23:59 抽選日:6/15(金) 振込締切:6/19(火)

━チケット一般発売情報━
【7月14日(土) 一般発売開始】
★チケットぴあ  0570-02-9999 http://t.pia.jp/ 【Pコード:118-910】
★ローソンチケット  0570-084-005 http://l-tike.com/【Lコード:57197】
★CNプレイガイド  0570-08-9999 http://www.cnplayguide.com/
★イープラス  http://eplus.jp/
★楽天チケット  http://r-t.jp
★Yahoo!チケット https://ticket.yahoo.co.jp/

【来日情報】ElleBorN

ElleborN

2017年9月にアルバムデビューしたばかりのイタリアのインディーバンドElleBorNが、5月23日〜6月2日に東京西部のライヴハウスで6公演を敢行!

女性ヴォーカルのElle(エッレ)、ドラムスのLucio De Angelis(ルーチョ・デ・アンジェリス)ギターのSimone(シモーネ)の3人で来日公演が行われる。

最終公演直後にバンド創始者の2人ElleとLucioから日本の皆さんへメッセージ

メインは英語曲だが、美しく聴き応えがある。

新曲「Jasmine」

「Renaissance」

「Perfection (Live promo)」

The Nume「Tutto cio` che vuoi」 (feat.Elleborn)

ちなみにLigabue、Gigi D'Alessio、Max Gazze`、Negrita、Emmaなどの来日に貢献したZephiroのClaudio Todescoのバンド仲間でもある。

【公演日程】
5/28 池袋・手刀(Chop) http://www.chop-tokyo.info/top.html
5/29 新宿・Wild Side http://ws-tokyo.com
5/30 吉祥寺・Warp http://warp.rinky.info
5/31 渋谷・Club 乙(Kinoto) http://kinoto.jp
6/1 下北沢・Garage http://www.garage.or.jp
6/2 高円寺・Club Roots http://www.muribushi.jp

Emma来日インタヴュー

イタリアのポップスターEmma(エンマ)が在日イタリア商工会議所主催のイベント『イタリア、アモーレ・ミオ2018』のメインゲストとして来日し、ミニコンサート(2018/4/21)を行った。公演前日の4/20のインタヴューを掲載する。

【Emma来歴】
1984年Firenze生まれPuglia州Aradeo育ち(34歳)。いくつかのバンドで活動したのち、25歳の時ソロとして参加した人気オーディション番組Amiciの2009-2010年シーズンで優勝して一躍人気歌手となった。その後、サンレモ音楽祭2011準優勝、同音楽祭2012優勝、2014年にはイタリア代表としてEurovision Song Contestに出場を果たすなど、若くしてイタリア本国とヨーロッパで絶大な知名度誇る人気歌手となった。

※当サイトでのEmmaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma

日本のファンへのヴィデオメッセージ


---Newアルバム『Essere qui(意:ここにいること)』(2018)について---

Emma - Essere qui

Emma:1月にリリースしたこのNewアルバム『Essere qui』を私はとても誇らしく思ってるの。歌詞や音楽面に私自身が意見を出すことを自由にしてくれたので、たくさん意見交換や検討し合うことで生まれた、私にはちょっとした革命的な作品なのよ。私は私らしくいたいし、私らしい言葉で伝えたい。商業的な面じゃなくてね。いわば私にとって"自由のアルバム"なの。

---共同プロデューサーLuca Mattioni(ルカ・マッティオーニ)について---

Emma:前作『Adesso(意:今)』(2015)で共同プロデュースをお願いした人物で、今回も彼・Luca Mattioniを選んだの。(プロデューサーとしては)まだ若いけれど(45歳)、私に自由を与えてくれる、コラボレーション相手として最適な人。私たちは一緒にアルバムが目指すサウンドを探り、道筋を決めたの。他の誰とでもできなかったことだった。アーティストとしてとっても幸せなことだわ。

P4207067
P4207111
(記者会見時)

----Amiciとサンレモ音楽祭について----

Emma:Amiciは私の才能をさらけ出して、大手のレコード会社にアピールできるとてもいい機会だったわ。私は本当にラッキーだった、Amici出演の後、私はプロとしてこの職業ができるようになり、今までずっとアクティヴに仕事を続けて来れたわ。サンレモ音楽祭もとても大きな経験。イタリア音楽にとって歴史ある祭典で、子供の頃から観ていた音楽祭で私が優勝するなんて、果てしのない喜び。とても大きな満足感のある栄誉だわ。
(注:EmmaはAmici出身者初の来日歌手となった。)

DSC01391
DSC01370
(コンサート中/撮影:富田和磨)

---Eurovison Song Contest2014について---

Emma:Eurovisionは私にとって初めての外国での活動だったの。外国進出に比べれば自国での活動はより容易いものよ。皆が知ってくれていて、応援してくれて、守ってくれるから。でも外国ではそうじゃない。自国と違って活動の場自体を探すことが難しいから。だから私にとってEurovisionはとてもいい経験になったわ。私にはとても居心地も良かったし、光栄に感じたし、勇気も貰えた。私はいつも新しい事に挑戦するのが好きなの。今回のここ日本でもそうよ。予想もしてなかった大きな声援が得られるのかしら? こんなに遠く離れた地で言語が異なる文化が受け入れられるのかしら? ほんの少しでも日本に私の爪痕が残せればいいなって思ってるの。そうなったらすごく嬉しいことだわ。異なる文化・言語の場所で認められることはとても価値のあることだから。

P4217184
(公演直後)


【日本公演の結果】

"日本では無名"というEmmaの不安を大きく裏切って、大勢の観客(公式発表では5,000人)に大きな声援を送られたステージとなった。日本公演直後にEmmaも自身のSNSで以下のように独白している。

ステージにあがる前はすごく怖かったの。
場を持たせることができないと思ってたから。
実際、誰が私のことを知ってるの?と。
すると(観客が)私の名前を叫び始め、
私はホームにいるみたいに感じたわ。
スゴイ!キスと抱擁を
そして私のCDを手にサインを求めて、一列に並んでくれた。
また来てねと言ってくれたわ、私の声に感動したからと。
やりがいがあるわ。
ありがとう、東京。
また会おうね。エンマ

この来日公演の成功はイタリア国内のNews番組でも紹介された。

Emmaが来日公演で披露した楽曲のセットリストは以下の通り。
01.L'isola(2018)
02.Occhi profondi(2015)
03.Amami(2013)
04.Mi parli piano(2018)
05.Effetto domino(2018)
06.L'amore non mi basta(2013)
07.Malelingue(2018)
08.Quando le canzoni finiranno(2015)
09.Calore(2010)
----bis(アンコール)---
10.Amami(2013)
※9曲中4曲がNewアルバム『Essere qui』(2018)からの選曲となった。

1曲目「L'isola(意:島)」

5曲目「Effetto domino(意:ドミノ倒し)」。

4曲目「Mi parli piano(意:あなたは私にゆっくりと話す)」の公式ヴィデオクリップは、東京の後に渡米してラスベガスで撮影。

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳を監修いたしました!

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳を監修いたしました!

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ