Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

『ジョー・バルビエリ/折り紙』日本先行発売(2017/5/24発売)

Joe Barbieri(ジョー・バルビエリ/ナポリ出身)が、2年ぶりのスタジオ録音オリジナル作品アルバム『折り紙(原題:Origami)』を2017年6月リリース予定。日本の"Origami(折り紙)"をそのままタイトルに据えてくれたのに応じて、日本盤の発売元コアポートが本国に先駆けて2017年5月24日に日本盤を発売してくれることとなった。しかも日本盤限定ボーナス・トラック(9曲目)と、かつて(2012年)日本盤のみに収録されていた楽曲も新ヴァージョン(10曲目)で収録。今回も本国&世界のファンが羨む日本盤となる。

Amazon 購入サイトHMV 購入サイトタワーレコード 購入サイト

『ジョー・バルビエリ/折り紙(Joe Barbieri/Origami)』
CORE PORT RPOP-10023 価格¥2,500 (+税)
解説:磐佐良雄(=当Piccola RADIO-ITALIA主宰YoshioAntonio)

JOE BARBIERI - Origami

先行&限定公開ヴィデオクリップ「コップの中の嵐(Una tempesta in un bicchier d'acqua)」

Joe_Barbieri_2012_05_by_Andrea_Boccalini
[提供:コアポート(Offerta da CORE PORT)]

■ミニマム・ビューティーの到達点。パオロ・フレスをゲストに迎え、洗練された儚さ(=折り紙)をテーマに美しい世界が展開される2年ぶりの最新アルバム。
《日本盤先行発売》《日本盤ボーナス・トラック収録》

■前作『アパートメントの宇宙飛行士』から2年ぶりのジョー・バルビエリの最新オリジナル・アルバムが日本先行でリリース決定!ゴージャスなイタリアン・シネマのような前作と異なり、ミニマムな世界を追求したジョー・バルビエリのエッセンスが凝縮したようなアルバム。日本盤のみボーナス・トラックはファドの名曲「ナザレの婦人(Senhora Da Nazare)」をバルビエリ・ワールドでアレンジした感動のナンバー。

■最新作は、壊れやすいがゆえに、その儚さすら魅力的な日本の"折り紙"にインスパイアーされたアルバム。日本文化好きのジョー・バルビエリらしく、この小さな不安定な芸術品から豊かなイマジネーションを得て、構想2年の末に完成させた期待通りの内容。

■本作ではジョー・バルビエリの十八番ともいえる地中海的旋律、クワイエット・ジャズ、マヌーシュ・ジャズ、ボサ・ノヴァなどの要素を今まで以上に洗練させてサウンドに導入。代名詞ともいえるストリングス・セクションや木管楽器、そしてバンドネオン、ブズーキ、ハーモニカ他で色彩豊かなサウンドを実現。さらにイタリアでエンリコ・ラバやファブリッツオ・ボッソと並ぶ名トランペッター、パオロ・フレスをゲストに迎えて夢見るような音楽世界を完成させている。

  1. ありふれた場所 / Un posto qualunque (Giuseppe Barbieri)
  2. コップの中の嵐 / Una tempesta in un bicchier d'acqua (Giuseppe Barbieri)
  3. 傷あとと一輪の花 / Una cicatrice ed un fior (Giuseppe Barbieri)
  4. 美しい希望 / Belle speranze (Giuseppe Barbieri)
  5. 僕のルネサンス (feat. パオロ・フレス) / Rinascimento (ft. Paolo Fresu) (Giuseppe Barbieri)
  6. シンクロニシティ / Sincronicita` (Giuseppe Barbieri)
  7. 僕の女神さま / Mia divina (Giuseppe Barbieri)
  8. 君は僕を忘れる / Tu mi dimentichi (Giuseppe Barbieri)
  9. ナザレの婦人 / Senhora da Nazare' (Joa~o Nobre)【日本盤ボーナス・トラック】
  10. 君にぴったり 【2017ヴァージョン】 / Pane per i tuoi denti (Giuseppe Barbieri)
  11. 頑固に / Testardamente (Giuseppe Barbieri)
  12. こんにちは、お嬢さん / Buongiorno Signorina (Giuseppe Barbieri)

■2016年9月〜2017年1月ナポリ/コペンハーゲン録音
■プロデュース/アレンジ/作詞作曲(M9のみジョアン・ノブレ) :ジョー・バルビエリ

ジョー・バルビエリ:ヴォーカル、ギター、エレクトリック・ギター(M-1)
アントニオ・フレーザ:ピアノ
セルジョ・ディ・ナターレ:ドラムス
ジァコモ・ペディチーニ :ベース

パオロ・フレス:トランペット (M-5)/オスカル・モンタルバノ:マヌーシュ・ギター (M-2, 8) /パオロ・ルッソ:バンドネオン (M-6) /パオロ・デル・ベッキオ:ブズーキ (M-11) /ササ・ピエデパルンボ:アコーディオン (M-11) /ステファノ・ヨーリォ:チェロ (M-5〜7) /ロベルティーニョ・バストス:パーカッション (M-9, 10) /エミーディオ・アウズィエーロ:パーカッション (M-4〜6, 11) /ジャンフランコ・カンパニョーリ:トランペット (M-4) /トニー・カント:エレクトリック・ギター(M-6) /アンドレア・エスポジート:ヴァイオリン (M-2, 8)  他

※当サイトでのJoe Barbieriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Joe Barbieri

第141回イタリアPOPSフェスタ(2017年4月)参加者募集

イタリアPOPSの話題のアルバムや最新曲、アーティストのエピソードなどを日本語解説で補足しながら、音と映像で思う存分楽しめる楽しい音楽イベントです。

東京スカイツリーを間近に望む夜景と、 来場者持ち寄りの飲食物を一緒に味わえるのも人気です!

紹介予定アーティスト:Zucchero(ズッケロ)来日公演予習第2弾/伝説のライヴ編、
Arisa(アリーザ)来日公演予習第1弾、 Pooh(プー)50周年Reunionコンサート、
Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)新作アルバム

Festa2017-04

※当サイトでのZuccheroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Zucchero

※当サイトでのArisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Arisa

※当サイトでのPoohの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pooh

※当サイトでのFiorella Mannoiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fiorella_Mannoia

なお、Eメールアドレスをお知らせいただいた参加者には、FESTA参加後、もれなく秘密のプレゼントがあります。
(対象:PC用メールアドレス / 携帯メールアドレスの場合は仕組上、プレゼントのご提供ができません)

期日:2017年4月22日(土) 17:00〜21:00(16:30開場)

会費:1,000円

※飲食物のお持ち寄りをお願いいたします:取り分けし易いものがベターです。ご自分がお好きなもの・食べたいものを数人前ぐらいで充分です。

席数:20名(要・予約) 満席
※2017年3月21日現在、満席となりましたので、これ以降のお申し込みはキャンセル待ち扱いとなります。しかしながらまだ調整できる可能性がありますので、諦めずにご予約ください。

会場:東京・JR亀戸駅 徒歩2分
予約者のみに詳細をお知らせいたします

注意事項
※先着20名に達し次第、募集を締め切ります。
※席数に達しなかった場合でも、準備の都合上、予約締切は会期前日とします。
※音楽鑑賞タイムは、音楽を鑑賞する目的の参加者の迷惑とならないよう各自ご注意ください。

参加ご希望の方はコチラからお申し込みください。 (予約制)

第140回イタリアPOPSフェスタ(2017年3月)レポート(第3部&第4部:Samuele Bersani)

Samuele Bersani(サムエレ・ベルサーニ/47歳/Rimini出身)がリリースしたライヴアルバム『Live-La fortuna che abbiamo(意:ライヴ-僕らが持つ幸福)』(2016)は、2CD+DVDの3枚組で、10人以上のゲストとそれぞれ共演する見どころ満載の豪華作品となった。
Samuele Bersani - Live-La fortuna che abbiamo

新曲のアルバムタイトル曲「La fortuna che abbiamo」の公式ヴィデオクリップは、Bersani自身が映像監督を務め、Petra Magoni(ペトラ・マゴーニ/45歳)が映像出演したことで話題となった。ヴォーカリストとして比類なき存在のPetraを起用しながらも、クチパクのみでデュエットさせない、というなんとも贅沢(残念?)な違和感を感じさせる作品だ。

※当サイトでのPetra Magoniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Petra_Magoni

この後、FESTAでは付属のライヴDVDから各ゲストとの共演シーンを中心に紹介したが、ネット上にUPされていない映像もあるので、アルバムの公式ティーザー映像を貼っておく。

Bersaniのデビュー曲「Il mostro(意:怪物)」(1991)。プレゼンターはなんと映画監督Dario Argento(ダリオ・アルジェント)が務めている。『サスペリア』『ゾンビ』などの作品で世界的に大成したホラー映画界の巨匠だ。

Il pescatore di asterischi(意:小記事の釣り人)」は若くしてサンレモ音楽祭優勝歴を持つMarco Mengoni(マルコ・メンゴーニ/29歳)とGnuQuartet(ニューカルテット)との共演。GnuQuartetは、通常の弦楽カルテットと編成が異なり、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロにフルートを加えている。昨今のイタリア音楽界の中で引っ張りだこのストリングス隊として頭角を現し、いろいろなアーティストのアルバムの中でグループ名やメンバー名を目にすることが多い。ヴァイオリンのRoberto Izzo(ロベルト・イッツォ)とStefano Cabrera(ステーファノ・カブレラ)は、New Trolls(ニュー・トロルス)の数度にわたる来日公演時に、それぞれ単独で来日してオーケストラパートのまとめ役を担っている実績も。

※当サイトでのMarco Mengoniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni

※当サイトでのGnuQuartetの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gnu_Quartet

「Come due somari(意:二人のアホのように)」(2006)は、Musica Nuda(ムジカ・ヌーダ)との共演。Ferruccio Spinetti(フェッルッチォ・スピネッティ)のコントラバス1本に合わせて前出のヴォーカルPetra Magoniが歌う異色のコンビで、2005年に初来日公演も行っている。

※当サイトでのMusica Nudaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Musica_Nuda

Le storie che non conosci(意:君が知らない物語)」(2015)は、共作者Pacifico(パチフィコ/53歳)との共演。公式ヴィデオクリップには大御所カンタウトーレFrancesco Guccini(フランチェスコ・グッチーニ/77歳)がカメオ出演したことでも話題となった。(2012年にカンタウトーレ活動からの引退宣言をしていたので)

Le mie parole(意:僕の言葉)」(2002)はBersaniがPacificoのカヴァーとして発表した作品。もちろん同ライヴ盤ではPacifico本人との共演で披露された。Grinzane Cavour文学賞受賞作品。

※当サイトでのPacificoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pacifico

Giudizi universali(意:宇宙の判定)」(1997)は、Carmen Consoli(カルメン・コンソリ)との共演。1998年Lunezia賞(ルネツィア賞/文学的歌詞賞)に輝いた作品。イタリア側の文献によると、イタリアでも活動した元サッカー選手・中田英寿が日本語版を2010年に録音したという記述がある。

※当サイトでのCarmen Consoliの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Carmen_Consoli

Chicco e spillo(意:ツブとピン)」(1992)は、Puglia出身の異色ラッパーCaparezza(カパレッツァ/44歳)との共演。2人の兄弟の事を歌っている。

※当サイトでのCaparezzaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Caparezza

Canzone(意:歌)」(1996)は、BersaniがLucio Dalla(1943-2012/68歳没)と共作し、Dallaが歌唱して大ヒット、Bersaniにとっても大きな実績となった重要作品。ちなみにLucio Dallaこそが、Bersaniの発掘者であり、自身のライヴの前座にBersaniを起用して育てた師匠でもある。このライヴアルバムでは、Dallaと同郷のカンタウトーレLuca Carboni(ルカ・カルボーニ/55歳)とのデュエットで披露している。

※当サイトでのLucio Dallaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Dalla

※当サイトでのLuca Carboniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Luca_Carboni

※当サイトでのSamuele Bersaniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Samuele_Bersani


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2017年に達する年齢で表記。

次回FESTAは、4月16日(日)に開催予定。

第140回イタリアPOPSフェスタ(2017年3月)レポート(第3部:Fausto Leali)

1960年代から活動し続けるFausto Leali(ファウスト・レァーリ/73歳/Lombardia州Nuvolento出身)。『Non solo Leali-duetti semplicemente unici(意:レァーリだけでなく-素朴で素晴らしいデュエット集)』(2016)はそのサブタイトル通り、他のアーティストとのデュエットアルバム。
Fausto Leali - Non solo Leali-Duetti semplicemente unici

シングル第1弾「A chi mi dice(意:私に言う人へ)」は、Mina(ミーナ/77歳)とのデュエット。Minaは2016年・年間アルバムチャート首位獲得で再度証明されたように、イタリア音楽界のTopに君臨し続ける女王だが、1970年代中ごろより大衆の前に姿を見せないポリシーを貫いているので、公式ヴィデオクリップは静止画&歌詞で製作されている。原曲は英ボーイズ・グループバンドBlue(ブルー)の「Breathe Easy(邦題:ブリーズ・イージー)」(2003)で、ブルー自身が当時発表していたイタリア語ヴァージョンのカヴァー。 ちなみにイタリア語詞を書いたのは、Tiziano Ferro(ティツィァーノ・フェッロ)。

※当サイトでのMinaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mina

「Solo lei(意:彼女だけ)」はLealiが70年代に吹き込んだ持ち歌。今回、アルバムにClaudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ/66歳)とのデュエットを収録しているが、この2人で同曲を歌うのは初めてではないようで、2010年のO` Scia`(オー・シァ/注:Baglioni主催のランペドゥーサ島チャリティコンサート)の映像が残っている。

※当サイトでのClaudio Baglioniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudio_Baglioni

「Sempre e per sempre(意:いつも、いつまでも)」は、作者でありオリジナル歌手でもあるFrancesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ/66歳)との共演。

※当サイトでのFrancesco De Gregoriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_De_Gregori

同アルバムには、他にRenzo Arbore(レンツォ・アレボレ)、Massimo Ranieri(マッシモ・ラニエリ)、Umberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)、Enrico Ruggeri(エンリコ・ルッジェーリ)、Alex Britti(アレックス・ブリッティ)、Clementino(クレメンティーノ)、英歌手Tony Hadley(トニー・ハドリー /Spandau Balletスパンダー・バレエのヴォーカリスト)との共演が収録されている。

※当サイトでのFausto Lealiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fausto_Leali


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2017年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ