Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

2/25開催 音楽セミナー『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア

アペリテイーヴォスタイルのイタリア音楽セミナー【イタリアンポップスセミナー&フェスタ 百花繚乱】

Bell'Italia-2017-02

今回のテーマも“歌から読み取ろう!使えるイタリア語 Canzoni e frasi utili”
歌詞から情景・状況を読み取るレッスンですが、イタリア語に興味さえあれば、参加者のイタリア語力は問いません。

レッスン修了時に、気に入った曲を受講者にアンケートを取りました。
  1. Pooh / Se balla da sola:88点
  2. Modena City Ramblers / Bella Ciao:75点
  3. Lucio Dalla / 4 Marzo 1943:63点
  4. Zucchero / Partigiano reggiano:50点
※Zucchero / Partigiano reggianoの歌詞に引用されているパルチザン伝承歌「Bella ciao」を補足として紹介したところ、そちらの方を気に行った人が多く、票が割れました。

【課題曲】
Pooh(プー)/ "Se balla da sola"(1999/意:彼女が独りで踊るのなら)
1960年代から50年もの間、一度も休止することなくレコーディング&ツアーに精力的に活動して来たイタリアを代表するバンドの、最も脂が乗り切っていた頃の楽曲。4人のメンバーが代わる代わるリードヴォーカルを取っていく彼らならではの魅力を味わいつつ、円熟した大人目線の歌詞を紐解いてみましょう。

Zucchero(ズッケロ)/ "Partigiano reggiano(意:レッジョ・エミリアのパルチザン)"(2016)
最新アルバム『Black cat』の代表曲。来る2017年5月29日の来日公演でも必ず歌われるはずの楽曲なので、一緒に歌って盛り上げることができるよう覚えましょう。(観客が一緒に歌うのがイタリアのコンサートの流儀)。歌詞のところどころに込められた重要なキーワードについても解説します。

Modena City Ramblers(モデナ・シティ・ランブラーズ)/ "Bella Ciao(意:美しい人よ、チャオ)"(1993) 前出のZuccheroの楽曲「Partigiano reggiano」の歌詞にも引用された有名なパルチザン伝承歌。何故この曲がイタリアで愛され、特にEmilia Romagna州出身者歌い継がれて来たのかを解説します。

Lucio Dalla(ルーチョ・ダッラ)/ "4 Marzo 1943"(1971/邦題:みなし児)
2012年の急逝後もイタリア人から愛されてやまない重鎮カンタウトーレが28歳の時、自分の誕生日をタイトルにしたこの楽曲でサンレモ音楽祭に参加。邦題に付けられたような衝撃的な内容の歌詞で、大きな物議をかもしだした問題作であり、彼の代表曲のひとつ。その歌詞の内容を探りながらその真偽を検証しましょう。

お申し込みは直接ベリタリアTel.03-3404-6116まで。
Bell'Italia【詳細】
開催日:2017年2月25日(土)
時間:18:00−20:00
会場:ベリタリア イタリア語・文化教室
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山3-16-1
電話:03-3404-6116
最寄駅:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」A4番出口より徒歩3分
参加費:3,800円※ドリンク&軽食付

東京・南青山でイタリアの香りを醸し出し続けて20余年の『ベリタリア イタリア語・文化教室』の素敵なサロンにて、イタリア女性が腕を振るった軽食&ドリンクを味わいながら楽しめます。

BellItalia2014-09

※第1弾の様子:http://ameblo.jp/bellitalia/entry-11709613994.html
※第2弾の様子:http://ameblo.jp/bellitalia/entry-11786260906.html
※第3弾の様子:http://goo.gl/KBlsLu
※第4弾の様子:http://www.bellavita.co.jp/archives/7313
※第5弾の様子:http://www.bellavita.co.jp/archives/7313
※第6弾の様子:http://piccola-radio-italia.com/archives/52152557.html
※第11弾の様子:https://www.facebook.com/Bellitaliatokyo/posts/894978393918522
※第15弾の様子:https://www.facebook.com/Bellitaliatokyo/posts/1054829357933424

音楽の国イタリアでは、ポップスはクラシックと同等の評価を得る芸術です。しかし日本ではイタリアのポップスがマスメディアから流れる事が少なく、情報も少ないため、残念ながら多くの方がその魅力に触れる機会を逸しています。

こうした日本人に知られざるイタリアン・ポップスの魅力を、音と映像でご紹介いたします。貴重な音源・映像・ネタも満載! イタリアン・ポップス初心者の方も、熱烈なファンの方も、共に楽しめるイヴェントです。ぜひこの機会に体験してみてください。※日本語で解説しますので、受講者のイタリア語力は問いません。

Bell'Italia


大きな地図で見る

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』各号もBell'Italiaの1F受付で優待価格でお求めいただけます。

MusicaVita1-8tw

Camillo Pace / Credo nei racconti(2017)レビュー (recensione)

コントラバス奏者としてジャズバンドなどでも活動するCamillo Pace(カミッロ・パーチェ/39歳/Puglia州Taranto生まれ)の、カンタウトーレとしての2ndアルバム『Credo nei racconti(意:僕は物語を信じる)』(2017)。
Camillo Pace(Talanto,1978) fa il bassista nel settore jazz ecc, ma anche il cantautore, e` uscito il suo secondo album come il cantautore, "Credo nei racconti"(2017)
Camillo Pace - Credo nei racconti
Camillo Pace - Credo nei racconti-2

全曲イタリア語詞&タイトルであるにも関わらず、そのサウンド&メロディはいい意味でイタリア臭さは薄く、かといってイタリアのインディーズシーンで横行している英語圏の流行にも染まっていない。1stアルバム『Autoritratto(意:自画像)』(2013)と同様、アコースティックサウンド路線だが、今作ではエレクトリック楽器や打ち込みを盛り込むことにも挑戦しつつも、やはり全体的にはアコースティックな響きに満ちた不思議な魅力を持つ世界が収められている。イタリア音楽のコテコテさに食傷気味の人にも聴き易い作品集とも言える。
Anche se tutti i brani si sono scritti in italiano, il suono non sa d'italiano, ma fortunamente non e` tinto dalla moda britanica, c'e` il suo timbro unico. Questa volta ha introdotto anche strumenti elettrici e dei suoni elettronici, ma miracolosamente si sembra sempre acustico come il suo primo album "Autoritratto"(2013). Posso consigliarlo anche a chi non ascoltano molto la musica troppo allegra come quella tipica italiana.

もちろんコントラバス(orエレクトリックベース)を自身で演奏し、楽曲によってはギター等も演奏しているが、本作では敢えて自身のアイデンティティであるベースを抜いた楽曲を4曲も収録しているところにも注目。全曲の作詞作曲を単独で書き、歌詞には比較的平易なイタリア語で書かれているものの情緒に溢れた表現箇所が多数あり、イタリア語学習の教材としてもお奨めだ。
Nel disco Camillo suona certamente il cotrabbasso o il basso elettrico, anche la chitarra qua e la`, ma ha osato eliminare il basso ben in 4 brani, benche' il basso e` il suo identita`. Ha filamato tutti i brani da solo, ha scritto i testi con le parole semplici, ma ci sono molte emozioni qua e la`, vorrei consigliarlo anche come un materiale didattico d'italiano agli stranieri.

1. Tutto accade la domenica mattina(意:全ては日曜の朝に起きる)
古き良きイタリアらしいマンドリンのサウンドが印象的な楽曲ながら、イタリア臭さが無く、むしろアメリカのカントリーソングの雰囲気が漂う、Camilloらしい素朴な楽曲。
Il mandolino suona l'atmosfera antica italiana, il ritmo invece non e` italianoma come "Country music" americana, il brano semplice a modo di Camillo.

2. Adesso(意:今)
2014年リリース。Camilloの住むMartina Francaの少年合唱団のコーラスが印象的な楽曲。いろんなことに恐れずに挑戦して行こう!と語りかける応援歌。
Presentato nel 2014, un brano impressionante col coro dei bambini a Martina Franca a cui Camillo vive, un canto di incitamento, "Ragazzi, non abbiate paura di fare qualcosa"

3. Si addormenta e vola [feat.Vincenzo Deluci](意:眠りそして飛ぶ)
2013年にリリースされ、サンレモ音楽祭新人部門への登竜門であるArea Sanremoのファイナリストまで登った楽曲。交通事故で車いす生活者となってしまったトランペッター Vincenzo Deluci(ヴィンチェンツォ・デルーチ)に捧げられた楽曲。Vincenzo本人のトランペットの音色が印象的。公式ヴィデオクリップを見ると、Vincenzoは短いトロンボーンのような変形金管楽器スライドトランペット(別名ソプラノトロンボーン)を吹いている。よく見ると楽器は金属バーで固定されており、Vincenzoは左手だけで短いスライドを前後させて吹いている。トランペットは右手でピストン操作をするものなのだが、おそらく彼は右手が使えなくなってしまったため、左手でもスライド操作できるトロンボーンタイプを選んだのだろう。
Il brano finalista di Area Sanremo 2013, e` dedicato al trombettista Vincenzo Deluci che vive su una sedie a rotelle dopo un incidente stradale. Anche Vincenzo suona il tromba nel brano, precisamente "il trombone soprano", vedendo con cura il videoclip ufficiale, suona lo strumento fisso alla sedia con la mano sinistra sola. Penso che non riesca a usare la mano destra dopo l'incidente, quindi` ha scelto questo tipo di tromba da potere suonare anche con la mano sinistra sola.

4. Don Chisciotte torna a casa(意:ドン・キホーテは家に帰る)
チェロの音色が印象的なインスト曲。人々の話声から始まり、優しいフィンガリング奏法のギター、パーカッション、チェロ、ブラジルの打弦楽器ビリンバウ、コントラバスとどんどんと楽器が加わって同じテーマを奏でて行く安らかな楽曲。
Un brano strumentale col suono del violoncello impressionante. Comincia da rumori della gente, partecipano uno dopo l'altro la chitarra suonata con le dita, percusioni, violoncello, berimbau(strumento musicale brasiliano), contrabasso. E` una musica minimale tranquilla.

5. Sara` ancora(意:さらにそうなる)
2015年にリリースされた楽曲。"ancora(意:もう一度・さらに・まだ・ずっと)"というキーワードをフィーチャーし、未来に期待を込めて歌われる応援歌。
Pubblicato nel 2015, si mostra la parola "ancora" qua e la`, un canto di incitamento con la speranza per il futuro.

6. Io sono vivo(意:僕は生きている)
2015年リリース曲。Camilloのアイデンティティであるベースを抜いたどころか、モーグと打ち込みによるエレポップサウンドに乗せて歌い、Camilloの新境地を示した楽曲。アッシジの聖フランチェスコで有名な『兄なる太陽、姉なる姉』を元にした歌詞で始まり、家族を四元素(火・風・水・土)に例えて歌われている。
Pubblicato nel 2015, senza il basso in piu` aggiungendo il suono elettronico del moog, con questo pezzo Camillo ha aperto nuovi orizzonti alla sua arte. Il testo comincia dal tema "fratello sole, sorella luna" di Francesco d'Assisi, canta la sua famiglia come "4 elementi", cioe` il fuoco, la terra, l'aria e l'acqua.

7. Un nome(意:ある名前)
前曲から引き続き、アルバム後半はベースレス曲が続いて収録されている。この楽曲は 複数のギターサウンドがメインとなるアレンジ(Camilloもクラッシック・ギターを演奏)。腫瘍で入院中の友人に捧げられた楽曲。おそらく治る見込みがないと知って書かれたと思われる歌詞のとおり、彼はその後逝去したそうだ。
Dal brano precedente alla fine del disco, tutti i brani sono registrati senza il basso. In questo brano suona principalmente con le alcune chitarre, anche Camillo suona quella classica. E` dedicato a un suo amico in ospedale per il tumore. Ascoltando il testo penso che Camillo avvia sapputo che la sua malattia non sarebbe stato mai in via di guarigione, dice che e` tristemente scomparso alla fine.

8. Domani ci sara` il sole(意:明日は陽が出るだろう)
Camillo自身が弾くアコギ中心に、打ちこみサウンドをところどころにミックスした楽曲。娼婦の立場で歌われ、他界した母の想い出が織り交ぜられた心理描写が興味深い楽曲。
Canta al posto di una prostituita toccando ricordi con sua madre scomparsa. Il suono si composto dalla chitarra acustica che Camillo suona e il suono elettronico programmato parzialmente.

9. Nel silenzio(意:静けさの中で)
アコースティックギターサウンドにややリバーブがかけられたヴォーカルを乗せ、歌唱部分は短く前半で終わり、後半はチェロの音色がフューチャーされたインスト。後ろで鳴っている鉄琴系の音がオルゴールのように鳴り響いてエンディング。自分が死んで昇天する時を歌った印象的な楽曲。
Canta il tempo di andare in cielo. Il suono si composta dalla chitarra acustica e la voce riverberata, il canto finisce a meta` e il resto diventa musica strumentale col suono del violonciello principalmente. C'e` un altro suono dietro come il glockenspiel o campanaelli.

なお、同アルバム奥付に日本のリスナーへの感謝および当Piccola RADIO-ITALIA及び主宰Yoshioの名前がクレジットされた。
Nel album si scrivono il mio nome e gli altri ascoltatori giapponesi.
Camillo Pace - Credo nei racconti-4
Camillo Pace - Credo nei racconti-5

※当サイトでのCamillo Paceの紹介記事 Articoli su Camillo Pace nel sito
http://piccola-radio-italia.com/tag/Camillo_Pace

Camillo Pace 日本語サイト (in giapponese)
http://camillopace.com/

第67回サンレモ音楽祭2017年/ 67°Festival della Canzone Italiana di Sanremo 2017

sanremo-2017-big

会期:2017年2月7日〜11日(5日間)
場所:サンレモ市アリストン劇場
司会:Carlo Conti(カルロ・コンティ)、Maria De Filippi(マリア・デ・フィリッピ)
平均視聴率:50.42%(最高視聴率:最終夜後半69.74%)
瞬間最高視聴率:79.53%(最終夜:優勝曲発表時)

【大賞部門(Campioni)】
■優勝:Occidentali's Karma(意:西洋の業[ごう])
Francesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ)
(di Francesco Gabbani, Filippo Gabbani, Fabio Ilacqua, Luca Chiaravalli)
指揮:Luca Chiaravalli(ルカ・キァラヴァッリ)
※最終夜の応援メッセージ:Rosita Celentano(ロジータ・チェレンターノ)
※ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2017出場権獲得
※TIM音楽賞受賞
Francesco Gabbani - vincitore_SR2017-5a

■2位:Che sia benedetta(意:何が祝福されるのだろうか)
Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)
(di Erika"Amara"Mineo, Salvatore Mineo)
指揮:Valeriano Chiaravalle(ヴァレリァーノ・キァラヴァッレ)
※最終夜の応援メッセージ:Enrico Ruggeri(エンリコ・ルッジェーリ)
※セルジォ・バルドッティ賞(最優秀作詞賞)受賞
※ルネツィア賞(文学的歌詞賞)受賞
※ルーチョ・ダッラ賞(記者クラブ賞)受賞
Fiorella mannoia_SR2017-2

■3位:Vietato morire(意:死ぬのは禁止)
Ermal Meta(エルマル・メータ)
(di Ermal Meta)
指揮:Diego Calvetti(ディエゴ・カルヴェッティ)
※最終夜の応援メッセージ:Fiorello(フィオレッロ)
※ミア・マルティーニ賞(批評家賞)受賞
Ermal Meta_SR2017-2

■4位:Il diario degli errori(意:過ちの日記)
Michele Bravi(ミケーレ・ブラーヴィ)
(di Federica Abbate, Giuseppe Anastasi, Cheope)
指揮:Vincenzo Campagnoli(ヴィンチェンツォ・カンパニョーリ)
※最終夜の応援メッセージ:Fabio Rovazzi(ファビオ・ロヴァッツィ)

■5位:Fatti bella per te(意:自分のためにおめかししなさい)
Paola Turci(パオラ・トゥルチ)
(di Paola Turci, Giulia Anania, Luca Chiaravalli, Davide Simonetta)
指揮:Luca Chiaravalli(ルカ・キァラヴァッリ)
※最終夜の応援メッセージ:Nek(ネック)

■6位:Con te(意:君と)
Sergio Sylvestre(セルジォ・シルヴェストレ)
(di Giorgia"Giorgia"Todrani, Stefano Maiuolo, Sergio Sylvestre)
指揮:Pino Perris(ピーノ・ペッリス)
※最終夜の応援メッセージ:Eros Ramazzotti(エロス・ラマッツォッテイ)

■7位:Portami via(意:僕を連れて行ってくれ)
Fabrizio Moro(ファブリツィオ・モーロ)
(di Fabrizio"Moro"Mobrici, Roberto Cardelli)
指揮:Pino Perris(ピーノ・ペッリス)
※最終夜の応援メッセージ:Gianluca Grignani(ジァンルカ・グリニャーニ)

■8位:Tutta colpa mia(意:全てわたしのせい)
Elodie(エロディー)
(di Emma Marrone, Oscar Angiuli, Giovanni Pollex, Francesco Cianciola)
指揮:Fabio Gurian(ファビオ・グリアン)
※最終夜の応援メッセージ:Loredana Berte`(ロレダーナ・ベルテ)

■9位:Ora esisti solo tu(意:今あなただけがいる)
Bianca Atzei(ビアンカ・アッゼイ)
(di Francesco"Kekko"Silvestre)
指揮:Marco Grasso(マルコ・グラッソ)
※最終夜の応援メッセージ:Kekko Silvestre(ケッコ・シルヴェストレ)
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■10位:Vedrai(意:判るだろう)
Samuel(サムエル)
(di Samuel Umberto Romano, Riccardo Onori, Christian"Noochie"Rigano)
指揮:Christian"Noochie"Rigano(クリスティアン・リガノ)
※最終夜の応援メッセージ:Giuliano Sangiorgi(ジゥリアーノ・サンジォルジ)

■11位:Mani nelle mani(意:両手を繋いで)
Michele Zarrillo(ミケーレ・ザッリッロ)
(di Michele Zarrillo, Giampiero Artegiani)
指揮:Fabio Gurian(ファビオ・グリアン)
※最終夜の応援メッセージ:Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)

■12位:Il cielo non mi basta(意:空が私に足りない)
Lodovica Comello(ロドヴィカ・コメッロ)
(di Federica Abbate, Antonino Di Martino, Dario Faini, Fabrizio Ferraguzzo)
指揮:Roberto Rossi(ロベルト・ロッシ)
※最終夜の応援メッセージ:Claudio Bisio(クラウディオ・ビシォ)

■13位:Spostato di un secondo(意:1秒延期される)
Marco Masini(マルコ・マジーニ)
(di Marco Masini, Diego Calvetti, Sergio"Zibba"Vallarino)
指揮:Diego Calvetti(ディエゴ・カルヴェッティ)
※最終夜の応援メッセージ:Gabriel Batistuta(ガブリエル・バティストゥータ)

■14位:Nessun posto e` casa mia(意:どんな場所でもない私の家)
Chiara(キァーラ)
(di Niccolo` Verrienti, Carlo Verrienti)
指揮:Mauro Pagani(マウロ・パガーニ)
※最終夜の応援メッセージ:Francesco Renga(フランチェスコ・レンガ)

■15位:Nel mezzo di un applauso(意:拍手の中で)
Alessio Bernabei(アレッシォ・ベルナベイ)
(di Roberto Casalino, Dario Faini, Vanni Casagrande)
指揮:Pino Perris(ピーノ・ペッリス)
※最終夜の応援メッセージ:Rudy Zerbi(ルディ・ゼルビ)

■16位:Ragazzi fuori(意:外の青年たち)
Clementino(クレメンティーノ)
(di Clemente"Clementino"Maccaro, Fabio"Marracash"Bartolo Rizzo, PabloMiguel"Shablo"Lombroni Capalbo, Stefano Tognini)
指揮:Vincenzo Campagnoli(ヴィンチェンツォ・カンパニョーリ)
※最終夜の応援メッセージ:Edoardo Bennato(エドアルド・ベンナート)

■選外:La prima stella(意:一番星)
Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシォ)
(di Luigi"Gigi"D'Alessio)
指揮:Adriano Pennino(アドリァーノ・ペンニーノ)

■選外:Di rose e di spine(意:バラとイバラの)
Al Bano(アル・バーノ)
(di Maurizio Fabrizio, Albano"Al Bano"Carrisi, Katia Astarita)
指揮:Alterisio Paoletti(アルテリジォ・パオレッティ)
※ジャンカルロ・ビガッツィ賞(最優秀編曲賞)受賞

■選外:L'ottava meraviglia(意:8番目の不思議)
Ron(ロン)
(di Rosalino"Ron"Cellamare, Mattia Del Forno, Francesco Caprara, Emiliano Mangia)
指揮:Pino Perris(ピーノ・ペッリス)

■選外:Fa talmente male(意:それほどためにならない)
Giusy Ferreri(ジュズィ・フェッレーリ)
(di Paolo Catalano, Fabio"Ketra"Clemente, Roberto Casalino, Alessandro"Takagi"Merli)
指揮:Roberto Rossi(ロベルト・ロッシ)

■選外:Togliamoci la voglia(意:私たちは望みを取り去ろう)
Raige e Giulia Luzi(レイジュ・エ・ジュリア・ルーズィ)
(di Alex"Raige"Vella, Antonio Iammarino, Luca Chiaravalli, Sergio"Zibba"Vallarino)
指揮:Massimo Zanotti(マッシモ・ザノッティ)

■選外:Do retta a te(意:私はあなたに耳を傾ける)
Nesli e Alice Paba(ネスリー・エ・アリーチェ・パーバ)
(di Francesco"Nesli"Tarducci, Orazio"Brando"Grillo)
指揮:Umberto Iervolino(ウンベルト・イェルヴォリーノ)


【新人部門(Nuove Proposte)】
sanremo2017-Nuove Proposte

■優勝:Ora mai(意:今は・決して)
Lele(レレ)
(di Raffaele"Lele"Esposito, Rory Di Benedetto, Rosario Canale)
指揮:Pino Perris(ピーノ・ペッリス)
※新人部門セルジョ・バルドッティ賞(最優秀作詞賞)受賞
※新人部門エマヌエレ・ルッツァーティ賞受賞
Lele - vincitore_SR2017-4a

■2位:Canzone per Federica(意:フェデリカへの歌)
Maldestro(マルデストロ)
(di Antonio"Maldestro"Prestieri)
指揮:Maurizio Filardo(マウリツィオ・フィラルド)
※新人部門ミア・マルティーニ賞(批評家賞)受賞
※新人部門ルネツィア賞(文学的歌詞賞)受賞
Maldestro_SR2017

■3位:Universo(意:宇宙)
Francesco Guasti(フランチェスコ・グァスティ)
(di Francesco Guasti, Maurizio Musumeci, Francesco Ciccotti)
指揮:Giulio Nenna(ジュリオ・ネンナ)
Francesco Guasti _SR2017

■4位:Cio` che resta(意:残っているもの)
Leonardo Lamacchia(レオナルド・ラマッキァ)
(di Mauro Lusini, Giovanni Pollex)
指揮:Roberto Procaccini(ロベルト・プロカッチーニ)
Leonardo Lamacchia_SR2017

■選外:Nel mare ci sono i coccodrilli(意:海の中にワニがいる)
Braschi(ブラスキ)
(di Federico Braschi, Massimo Marches)
指揮:Guido Facchini(グイド・ファッキーニ)

■選外:Le canzoni fanno male(意:歌なんてためにならない)
Marianne Mirage(マリアンヌ・ミラージュ)
(di Kaballa`, Francesco Bianconi)
指揮:Daniele Parziani(ダニエレ・パルツィァーニ)

■選外:Cose che danno ansia(意:不安を与える事がら)
Tommaso Pini(トンマーゾ・ピーニ)
(di Andrea Amati, Tommaso Pini, Andrea Francesca Dall'Ora)
指揮:Sergio Dall'Ora(セルジォ・ダッローラ)
新人部門ルーチョ・ダッラ賞(記者クラブ賞)受賞

■選外:Insieme(意:一緒に)
Valeria Farinacci(ヴァレリア・ファリナッチ)
(di Giuseppe Anastasi)
指揮:Francesco Morettini(フランチェスコ・モレッティーニ)


【カヴァー/第3夜】
■優勝:Ermal Meta / Amara terra mia(意:辛き我が大地)
※14世紀のアブルッツォ伝承歌をベースにDomenico Modugno(ドメニコ・モドゥーニョ)が1971年に発表した楽曲。
Ermal Meta - vince il Premio Cover con AmaraTerraMia_SR2017-3a

■2位:Paola Turci / Un'emozione da poco(意:たわいない情緒)
※Anna Oxa(アンナ・オクサ)のサンレモ音楽祭1978で第2位入賞となったデビュー曲。

■3位:Marco Masini / Signor tenente(意:中尉殿)
※Giorgio Faletti(ジォルジォ・ファレッティ)のサンレモ音楽祭1994第2位入賞曲。

■入賞:Al Bano / Preghero`(意:僕は祈るだろう)
※Adriano Celentano(アドリァーノ・チェレンターノ)の1962年に最初のテイクを発表した楽曲。Ben E. King「Stand by me」(1961)のイタリア語カヴァー。

■入賞:Alessio Bernabei / Un giorno credi(意:ある日君は信じるよ)
※Edoardo Bennato(エドアルド・ベンナート)の1973年発表曲。
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■入賞:Michele Bravi / La stagione dell'amore(意:恋の季節)
※Franco Battiato(フランコ・バッティアート)の1983年発表曲。

■入賞:Lodovica Comello / Le mille bolle blu(邦題:青い泡がいっぱい)
※Mina(ミーナ)のサンレモ音楽祭1961第5位入賞曲。

■入賞:Gigi D'Alessio / L'immensita`(意:無限/邦題:涙に咲く花)
※Don Backy(ドン・バッキー)のサンレモ音楽祭1967第9位入賞曲。
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■入賞:Elodie / Quando finisce un amore(意:ひとつの恋が終わる時)
※Riccardo Cocciante(リッカルド・コッチァンテ)の1974年発表曲。
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■入賞:Francesco Gabbani / Susanna(スザンナ)
※Adriano Celentano(アドリァーノ・チェレンターノ)の1984年発表曲。
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■入賞:Chiara / Diamante(意:ダイアモンド)
ゲスト:Mauro Pagani(マウロ・パガーニ:マンドロンチェロ&ヴァイオリン)
※Zucchero(ズッケロ)が祖母に捧げた1989年発表曲。
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■入賞:Fiorella Mannoia / Sempre e per sempre(意:ずっとそして永遠に)
ゲスト:Danilo Rea(ダニーロ・レア:ピアノ)
※Francesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)の2001年発表曲。
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■入賞:Fabrizio Moro / La leva calcistica della classe '68(意:68年生まれのサッカー初年生)
※Francesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)の1980年発表曲。
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■入賞:Samuel / Ho difeso il mio amore(意:僕は愛する人を守った)
※Nomadi(ノーマディ)の1968年発表曲。Moody Blues(ムーディ・ブルーズ)の「Nights in white satin(邦題:サテンの夜)」(1967)のイタリア語カヴァー。
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■入賞:Sergio Sylvestre / La pelle nera(意:黒い皮膚)
ゲスト:i Soul System(イ・ソウル・システム)
※Nino Ferrer(ニノ・フェレール)の1967年発表曲。
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■入賞:Michele Zarrillo / Se tu non torni(意:もし君が戻らないなら)
※Miguel Bose`(ミゲル・ボセ)のFestivalbar1994優勝曲。

■非出場:Clementino / Svalutation(意:過小評価)
※Adriano Celentano(アドリァーノ・チェレンターノ)の1976年発表曲。

■非出場:Ron con Annalisa / Insieme a te non ci sto piu`(意:あなたと一緒にはもういない)
※Caterina Caselli(カテリーナ・カゼッリ)の1968年発表曲。
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■非出場:Giusy Ferreri / Il paradiso(意:天国)
※Patty Pravo(パッティ・プラヴォ)が1969年にヒットさせたMogol-Battisti作の楽曲。最初はRagazza 77が歌ったがヒットせず、英バンドAmen Cornerが英語カヴァーしてヨーロッパ中でヒットさせ、Pattyが逆輸入してようやく本国でヒットした曰く付き楽曲。
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■非出場:Nesli e Alice Paba / Ma il cielo e` sempre piu` blu(意:でも空はいつもより青い)
※Rino Gaetano(リーノ・ガエターノ)の1975年発表曲。

■非出場:Bianca Atzei / Con il nastro rosa(意:ピンクのリボンを付けて)
※Lucio Battisti(ルーチョ・バッティスティ)の1980年発表曲。
※コンピレーションCD『Sanremo 2017』未収録

■非出場:Raige e Giulia Luzi / C'era un ragazzo che come me amava i Beatles e i Rolling Stones(意:ビートルズとローリング・ストーンズを愛する僕のような青年がいた)
※Gianni Morandi(ジァンニ・モランディ)の1966年発表曲。


【副賞】
■ミア・マルティーニ賞(批評家賞):Vietato morire / Ermal Meta

■セルジォ・バルドッティ賞(作詞賞):Che sia benedetta / Fiorella Mannoia

■ジャンカルロ・ビガッツィ賞(編曲賞):Di rose e di spine / Al Bano
Al Bano_SR2017-2

■ルネツィア賞(文学的歌詞賞):Che sia benedetta / Fiorella Mannoia

■ルーチョ・ダッラ賞(記者クラブ賞):Che sia benedetta / Fiorella Mannoia

■ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2017出場権:Occidentali's Karma / Francesco Gabbani

■TIM音楽賞 : Occidentali's Karma / Francesco Gabbani

■ミア・マルティーニ賞(批評家賞)[新人部門]:Canzone per Federica / Maldestro

■ルーチョ・ダッラ賞(記者クラブ賞)[新人部門]:Cose che danno ansia / Tommaso Pini Tommmaso Pini_SR2017

■ルネツィア賞(文学的歌詞賞)[新人部門]:Canzone per Federica / Maldestro

■音楽達人賞[新人部門]:Canzone per Federica / Maldestro


【プロ審査委員】
審査委員長:Giorgio Moroder (ジョルジョ・モロダー/音楽プロデューサー&DJ/ドナ・サマーやブロンディをはじめ、デヴィッド・ボウイやエルトン・ジョンに至るビッグネームを手掛け、大ヒットした米映画の音楽も担当するなど、世界的に大成)、Linus (リヌス/DJ&司会者)、Andrea Morricone (アンドレア・モッリコーネ/作曲家&指揮者/エンニオ・モリコーネの息子)、Rita Pavone (リタ・パヴォーネ/歌手)、Paolo Genovese (映画監督&脚本家)、Violante Placido (ヴィオランテ・プラチド/女優&歌手)、Greta Menchi (グレタ・メンキ/ユーチューバー)、Giorgia Surina (ジォルジァ・スリナ/女優&司会者)
La giulia-SR2017


【主なゲスト】
■第1夜:Tiziano Ferro(ティツィァーノ・フェッロ/歌手), Carmen Consoli(カルメン・コンソリ/歌手), Raoul Bova(ラォゥル・ボーヴァ/俳優), Paola Cortellesi(パオラ・コルテッレージ/女優), Antonio Albanese(アントニオ・アルバネーゼ/俳優), Ricky Martin(リッキー・マーティン/プエルトリコ歌手), Clean Bandit(クリーン・バンディット/英バンド)
Tiziano Ferro e Carmen Consoli - SR2017-1a Ospiti

■第2夜:Hiroki Hara(原大樹/日本人イリュージョニスト), Francesco Totti(フランチェスコ・トッティ/サッカー選手), Robbie Williams(ロビー・ウィリアムズ/英歌手), Giorgia(ジォルジァ/歌手), Keanu Reeves(キアヌ・リーブス/レバノン出生カナダ籍俳優), Biffy Clyro(ビッフィ・クライロ/英バンド)
Giorgia - Superospite_SR2017-2a
Hiroki Hara - ospite_SR2017-2a
Totti - SR2017-2a

■第3夜:Mika(ミーカ/レバノン出身英国籍歌手)、Alessandro Gassman(アレッサンドロ・ガスマン/俳優)、Anouchka Delon (アヌーシュカ・ドロン仏女優/仏俳優アラン・ドロンの娘), Annabelle Belmondo (アナベル・ベルモンド/仏女優/仏俳優ジャン=ポール・ベルモンドの孫)、Piccolo Coro "Mariele Ventre" dell'Antoniano(ピッコロ・コーロ"マリエレ・ヴェントレ"デッラントニァーノ/少年少女合唱団)、Marco Giallini(マルコ・ジァッリーニ/俳優)、LP(米歌手)

■第4夜:Giorgio Moroder(ジョルジオ・モロダー/音楽プロデューサー、サンレモ音楽祭2017審査委員長):サンレモ市賞受賞、Luca Zingaretti(ルカ・ジンガレッティ/俳優)、Antonella Clerici(アントネッラ・クレルチ/司会者)、Virginia Raffaele(ヴィルジニア・ラッファエレ/モノマネ女優)、Robin Schulz(ロビン・シュルツ/独DJ)
Giorgio Moroder_SR2017

■第5夜:Zucchero(ズッケロ/歌手)+ゲストギタリスト布袋寅泰、Rita Pavone(リタ・パヴォーネ/歌手、サンレモ音楽祭2017審査員):キャリア賞受賞、Ladri di Carrozzelle(ラードリ・ディ・カッロッゼッレ/イタリア初の身障者ロックバンド)、Paolo Vallesi(パオロ・ヴァッレージ/歌手)、Amara(アマラ/歌手)、Emanuele Fasano(エマヌエレ・ファザーノ/ピアニスト)、Alvaro Soler(アルバロ・ソレール/西歌手)、Enrico Montesano(エンリコ・マンテザーノ/俳優)、Geppi Cucciari(ジェッピ・クッチャーリ/女優)、Giusy Buscemi(ジュズィ・ブスチェミ/女優、元ミス・イタリア)、Alessandra Mastronardi(アレッサンドラ・マストロナルディ/女優)、Diana Del Bufalo(ディアナ・デル・ブファロ/歌手、女優)
Zucchero con Hotei_SR2017-5a2
Rita Pavone_SR2017-5a

第139回イタリアPOPSフェスタ(2017年2月)レポート(第4部:Claudio Baglioni, Gianni Morandi)

Claudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ/66歳/Roma出身)とGianni Morandi(ジァンニ・モランディ/73歳/Emilia Romagna州Monghidoro出身)の共演プロジェクト"Capitani coraggiosi(意:勇敢な船長たち)"。FESTA第3部で紹介した第1夜ハイライトに引き続き、第4部では第2夜のハイライトを、市販盤未収録かつ日本から閲覧不可能なTV映像で紹介した。この記事上では同等の映像が動画サイトにUPされているテイクのみ引用する。
Capitani coraggiosi il live-4

第1夜のエンディングの2曲「Strada facendo」と「C'era un ragazzo che come me amava i Beatles e i Rolling Stones」が再度演奏されて第2夜は始まる。そして最初の見どころのメドレーに続く。これはBaglioniとMorandiの2人がそれぞれギターを抱えて観客席の中央に分け入り、それぞれの最初期の楽曲を歌う、14分に及ぶコーナーだ。Baglioniのデビュー曲「Signora Lia(意:リア夫人)」、Morandiのデビュー曲「Andavo a 100 all'ora(意:僕は1時間で100行っていた)」。Baglioniの「W l'Inghilterra(意:英国万歳)」、Morandiの「Fatti mandare dalla mamma(意:君をママの家まで送らせろ)」、Baglioniの「Porta Portese(意:ポルテーゼ門)」と続く。
Capitani coraggiosi il live-20

10曲目はMorandiの「Un mondo d'amore(意:愛の世界)」で、ギターバトルから始まる。第1夜の衣装バトルの流れを組み、両者がより派手で奇抜なギターに持ち替えて行く。最後はドリフターズのコントのようなギターを持ちだしたMorandiが勝敗を分ける。

その後すぐに第2夜の最初のゲストとして著名な司会者Fabio Fazio(ファビオ・ファツィオ)と彼と長くコンビを組む女優Luciana Littizzetto(ルチァーナ・リッティッツェット)が登場。Morandiが子供たちと一緒に歌ったヒット曲「Sei forte papa`(意:パパって凄い)」を4人で歌うが、もちろん子供役はLuciana。Fabio FazioはFrancesco Guccini(フランチェスコ・グッチーニ)のモノマネで歌う。

15曲目Baglioniの曲「E tu(意:そして君)」は、後半から第2夜2組目のゲストとしてEmma(エンマ)とElisa(エリーザ)が加わる。

16曲目はMorandiの曲「Ma chi se ne importa(意:いったい誰が重要とされるのか)」を4人で。
https://youtu.be/Q4RxB5HUBPw

そしてMorandiがUmberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)とEnrico Ruggeri(エンリコ・ルッジェーリ)と組んでサンレモ音楽祭1987で優勝した楽曲「Si puo` dare di piu`(意:もっと与える事ができる)」を4人で。

※当サイトでのEmmaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma

※当サイトでのElisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa

24曲目はBaglioniの「La vita e` adesso(意:人生は今)」で、本編のエンディング曲となった。そして歌い終わった後のBaglioniのセリフが最高だ。"Volevo dire a Gianni, noi...eravamo amici.... Adesso, secondo me....siamo anche diventati amici(ずっと言いたいことがあったんだ、ジァンニ、僕らは・・・ずっと友達だった・・・僕はこう思うよ・・・・今また僕らは友達になったと)"

もちろんこれでコンサートは終わるはずはなく、アンコールに応えて3曲歌うが、正真正銘のラスト曲はBaglioniの「Questo piccolo grande amore(意:このありふれた大きな愛)」。同曲のあらゆるヴァージョンやカヴァーなどを含めて集計すると、イタリアで最も売れた楽曲になるとhitparadeitaliaサイトに認定され、TV番組『Fantastico 5』で、"イタリア人が選ぶ20世紀のベスト・ラヴソング"に1985年認定された、Baglioniの最高傑作だ。

※当サイトでのClaudio Baglioniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudio_Baglioni

※当サイトでのGianni Morandiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Morandi


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2017年に達する年齢で表記。

次回のイベントは、2月25日(土)に東京・表参道のベリタリアに於いて、イタリアン・ポップス・セミナー『百花繚乱』として開催。詳細情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/52244860.html

3月の通常FESTAは、3月11日(土)に開催予定。

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ