Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

LIVE8・ローマ会場

2005年7月2日(土)、いよいよ世紀のロックコンサートLIVE8が開催されました。AOL musicで各国会場の生中継および再放送を見る事ができました。

もちろん僕のお目当ては、ローマ会場(=ローマ時代の遺跡Circo Massimo)に出演するイタリアのアーティストたち。僕がチェックできた出演者とその順番は:
447c6c71.gifZucchero
Duran Duran(外国アーティスト)
Elisa
Ron
Gemelli DiVersi
Negramaro
Tim Mc Graw(外国アーティスト)
Faith Hill(外国アーティスト)
Planet Funk 
Le Vibrazioni
Negrita
Irene Grandi
Tiromancino
Max Pezzali
Alex Britti
Cesare Cremonini
Nek
Piero Pelù 
Biagio Antonacci
Fiorella Mannoia
Ligabue
Jovanotti
Laura Pausini
Claudio Baglioni
Renato Zero
Antonello Venditti

Zuccheroはローマでのステージ出演後、フランス・パリ会場の夜のステージにも出演したそうです。精力的! 

Elisaは、スターっぽくない素朴な雰囲気の女性で、アコースティックなセットでLuceなどのヒット曲を披露。ナカナカ良いアーティストかもしれないと、改めて気付きました。 

RONはLIVE8サイトには参加アーティストとしてリストアップされていませんでしたが、バイオリンとのツインで小粋なアコースティックなステージを見せてくれました。ピアノもギターも自ら弾き、味わいのあるパフォーマンスでした。いくつになってもカッコイイ人ですよね。 

Le Vibrazioniは、いつものように元気一杯のステージ。将来性有望な若手バンドですね。 

Irene Grandiも、これまたいつものように元気一杯のロック姉さんぶり。 

バンド名883を冠さないソロ名義の活動を始めたMax Pezzali。特徴のある声と、メロディもノリも良い曲で、一段と会場を盛り上げてくれました。かなりの観客が一緒に口ずさんでいました。 

Cesare Cremoniniは、ソロ活動後の自身の曲だけでなく、Lunapop時代のヒット曲"50 special"をやってくれ、最高に盛り上がりました。 

デビュー当時には生歌が下手くそだと悪口を言われていたNekですが、LIVE経験を積み重ねたようで、よく通る声を聞かせてくれました。もう誰も悪口は言わなくなったことでしょう。 

Ligabue。彼のステージあたりからは、息を呑むステージの連続。Rock魂の塊のような彼が、ナント自身の生ギター1本での弾き語り!それでも熱いロック魂が伝わってくる脅威のステージ。青年のような爽やかと年相応(45歳)の渋みを併せ持った、男からみてもカッコイイスターです。途中からJovanottiとPiero Pelu'が乱入してきて、数年前に彼らがコソボ問題を提起するために組んだユニット:"LIGAJOVAPELU'"を再現したステージになりました。 

Laura Pausiniのステージはまるでソロコンサートのように盛り上がりましたね。ベースにはCesare Chiodo、ドラムスにはAlfredo Golinoと、元OROのメンバー&イタリアが誇る超一流スタジオ・ミュージシャンを従えてのステージでした。AlfredoはLauraから"Maestro"の称号を冠されて呼ばれていました。 

少しのインターバルの後、再びLaura Pausiniが登場し、Claudio Baglioniの名曲"Mille giorni di te e di me"を歌いだします。あれ?と思ったら、なんとピアノの前に座っていたClaudio Baglioniとデュエットとなりました。そう、Baglioniのステージへのバトンタッチ役を務めたんですね。Lauraが引っ込んで、Baglioniのソロステージが始まりましたが、会場は最早、興奮のるつぼと化し、皆、大声で歌っています。そして名曲"Strada facendo"ではBiagio Antonacciまでもが乱入。 

続くRenato Zeroのステージでも、途中からLaura PausiniとClaudio Baglioniが参加し、3人一緒に仲良く歌い上げました。もう、この辺りになると、背筋がゾクゾクしてきましたよね。 

最後はAntonello Venditti。ここでもなんとClaudio BaglioniとAlex Brittiが途中から乱入して来ました。イタリアでスタジアムを満杯にできる4大歌手のうちの2人(VendittiとBaglioni)が同じステージに立ってデュエットしているなんて、何と贅沢なコンサートでしょう。 

一方、LIVE8公式サイトに出演者として名前を連ねながらも、AOLで放映されなかった(出演しなかった?)アーティストは: 
Articolo 31 
Pino Daniele 
Francesco De Gregori 
Noa(外国アーティスト) 
Povia 
Velvet 

また、LIVE8公式サイトではリストアップされていないものの、イタリア国内のNewsでは出場すると発表されていた: 
Mauro Pagani 
Francesco Renga
は、結局出演しなかったのかもしれません。 

また、なぜかイタリアではなくフランスParis会場に出演したのが、Andrea Bocelli。 今後はNet上でオンデマンドで観たり、DVDなどが発売されて楽しめるようになる事が期待されますね。 本当に数十年に一度の世紀のコンサートでした。 
 

第4回FESTA参加者大募集!

お待たせいたしました。いよいよ本日より第4回FESTAの参加者を募集開始いたします!

日時:7月23日(土)17:00〜 (当初7/16予定でしたが7/23に変更となりました)
場所:東京・JR総武線亀戸駅前のマンションのスカイラウンジ
会費:会費無料(飲み物や食べ物をお持ち寄り下さい)
内容:今回も全体を懇親会モードでやりたいと思います。途中でCDやDVDを鑑賞する時間を設けますので、そのまま懇親会モードで楽しみましょう!もちろん歌うコーナーも。

参加ご希望の方はこちらからお知らせください。
詳細案内は、メールにてお知らせします。

イタリアPOPSに詳しくなくても、ご興味さえあれば大歓迎ですよ!といいつつ、毎回キャパ人数に迫る集まり様ですので、お申し込みはお早めにお願いします!
Buon divertimento!!!

Gatto Panceri 、Dennisの新作を全面サポート!

NON BASTI TU2005年1月に来日して素晴らしいステージを披露してくれた我らがGatto Panceriですが、帰国後、若手歌手のDennis Fantinaのシングル用に曲を書いたところ、爆発的なヒットとなりました。それを受けて急遽Dennisの2ndアルバム制作に取り組み、この度発売となりました。

イタリアのマスメディアにはDennisのプロモーションが盛んに流され、CDショップでは一斉にDennisをメインに据えるほどのスゴイ展開になっている模様です。
訳注)Dennisは明日を夢見る無名新人によるTV番組"Saranno Famosi(直訳:有名になるかも→意訳:有名人予備軍)"に出演して頭角を現し、2002年には1stアルバムを発表します。しかしその後は、演劇"グリース"など舞台に活躍の場をシフトさせ、しばらく音楽シーンから遠ざかっていました。

<Gattoの事務所からのNEWSリリース>
DennisのNewシングル"io credo in te"はGattoが書いた歌です。数ヶ月前にDennisの最初のシングル"non basti tu"からこのコラボレーションは開始され、多大なセールスと評価を得ました。
その直後に発売されたDennisのアルバムの全プロジェクトにGattoは全面的に取り組む事になりました。このアルバムは"IO CREDO IN TE"と題され、Gattoが書いた曲は、なんと7曲も。:" non basti tu ","grazie a te ", "cambia tutto se ci sei ", "valori semplici ", "non ero pronto" ," aspetto un treno " そしてタイトル曲 " io credo in te" . IO CREDO IN TE

<RADIO-ITALIAの記事> 2005年2月18日に発売されたシングル"Non basti tu"は、僅か2週間で7位まで上り、6月になってもまだ30位をキープしているほどの成功を収めました。
そして2005年6月10日、Newアルバム"Io credo in te"をリリースすることになりました。 "Non basti tu"を含む11曲には、人生の道しるべについて、愛について、論理的な事について歌った作品があり、どれもがシングルに成り得る第一級の曲で、Dennisの天賦の声を惹き立てています。

"Non basti tu"の作者 - Peter Felisatti と Gatto Panceri - の協力により"Io credo in te"は生まれ、さらに偉大なプロ・アーティストのLaurex(訳注:作詞・作曲家&プロデューサー),Simone,Red Canzian(訳注:Poohのベーシスト&作曲家),Valerio Negrini(訳注:Poohの作詞家)が詩や曲を書いてくれました。Dennis自身も2曲を書き、カンタウトーレとしてデビュー(うち1曲は、自身のバンドのギタリストAmir Karalicと共作)。さらにはギタリストのAlberto Radius(訳注:イタリアRock界の伝説的なギタリスト&作曲家&プロデューサー)が数曲参加し、さらに作品を豊かに仕上げてくれました。

シングル"Non basti tu"の15,000を超えるセールスという事実上の成功は、『歌手としての』Dennisの人気を再確認することとなりました。(つまり、Saranno Famosiの『TVタレント』としてでも無く、"グリース"の『舞台俳優』としてでも無く、『歌手としての』Dennis) 

そして2005年夏のCD商戦に挑むアーティストたちに加わるため、スピーディーなアルバム制作となりました。 Massimo Luca(Gianluca Grignaniのマネージャー)のプロダクションとRadio-Italiaのスタジオで7曲を協同制作、Fio Zanotti(訳注:大物歌手を手がける有名プロデューサー)がBolognaの自身のスタジオでアレンジと録音をプロデュース、DennisとAmir Karalicで1曲セルフプロデュースという体制により、6月中旬までにアルバムを発表する事ができました。

「僕はまた歌を始めたくなり、"Non basti tu"でサンレモに参加たかったんだ。だけど最終選考で落選しちゃった。でもシングルのセールスは、まさに今が音楽界に戻るべき時期だと示していたと思うんだ。"グリース"の経験は素晴らしいものだったけど、僕は歌を愛しているんだ。「愛」といえば、この素晴らしかった1年を僕は愛しているよ。僕に最高の感動を与えてくれたし、Nathanのパパにもなったしね。そういう経験のお陰で、僕の歌は強く情感に訴えるようになったんだと思うよ。まずはMario Volantiに僕の感謝の意を捧げたいな。厳選した作品だけをプロデュースする方針のもと、品質とプロモーションに拘る彼の新しいプロジェクトに参加させてもらえたのだから。」

Gattoの譜面無料公開

Gattoのオフィシャルサイトに、コード付き歌詞が無料公開されました〜〜〜!!しかもなんと10曲も!何でも『Gattoの曲を歌いたいよ〜』というファンのリクエストに応えてのサービスだそうです。心憎いことしてくれるじゃないですか。

1)Le tue mani9ea0be1a.jpg
2)Mia
3)Dove dov'è
4)Un qualunque posto fuori o dentro di te
5)L'amore va oltre
6)Una settimana e un giorno
7)Ridatemi l'anima
8)Confine
9)Accarezzami domani
10)Bella forte e semplice.

4曲目以外は全て日本のステージでも演奏してくれた曲。うれし〜ぞ〜Gatto! 次回FESTAではGATTO曲歌うぞ〜!そしてあのステージを思い出したいな。
・・・・でも実はGattoの曲って意外と弾きながらは歌いにくいんだよね・・・・練習しとこう・・・・

ちなみに記載はこのようになっています。

MIm7  DO9  RE    SOL    MIm7
Le tue mani sono gabbiani in un cielo azzurro

コードがイタリア語式の表記になっているため、馴染みのない方には読みにくいかも。

ファイルはMSwordでzip形式に圧縮されてます。公式サイトのDOWNLOADページにジャンプし、 "Scarica gli accordi di alcune tra le canzoni piu` belle di Gatto!!" をクリックしてzipファイルをダウンロードしてください。
直接ダウンロードする場合はこちら
Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ