Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第174回イタリアPOPSフェスタ(2020年5月)レポート(第1部:Pinguini Tattici Nucleari)

Pinguini Tattici Nucleari(ピングィニ・タッティチ・ヌークレァーリ/意:戦術核ペンギン)は北イタリアBergamo出身の6人組バンド。2010年結成し2012年デビューの25〜29歳のメンバー編成で、確かな演奏テクニックながらその楽しいステージで一気にファンを増やした注目株。

4thアルバム『Fuori dall'hype Ringo Starr(意:夢中の外で リンゴ・スター)』(2020)は、2019年の既発アルバムにサンレモ音楽祭2020出場曲などを追加したサンレモ・エディションだ。同音楽祭終了後3ヶ月経過した5月末現在、アルバムチャート3位にランキングし続けており、出場組の中で一番商業的に成功したアルバムと言えるだろう。全曲をリードヴォーカリストのRiccardo Zanotti(リッカルド・ザノッティ/26歳)が単独で書き下ろしている。
Pinguini Tattici Nucleari - Fuori dall'hype Ringo Starr(2020)

その不思議なバンド名は、スコットランドのビール名Tactical Nuclear Penguinのイタリア語訳だ。摂氏マイナス20度の環境(=ペンギンが生息する気温)で凍結して作られることで、世界一アルコール度数の高い(32%)ビールとなるそうで、その威力を核に例えた商品名だ。
Tactical-Nuclear-Penguin

シングル第1弾「Verdura(意:野菜)
https://youtu.be/2J4G4NJHnt8

シングル第2弾は「Sashimi(刺身)」は、東京スカパラ風サウンドに乗せて、日本由来の単語 "サシミ"、"スシ"、"サケ"、"ギョウザ" といった単語がポンポン込められているのが聴きどころ。
https://youtu.be/WGqRbimEb6w

アルバムタイトル曲「Fuori dall'hype」"hype(ハイプ)"とは英語のスラングで、元来の意味は "ヤク中患者" だが、現代ではむしろ、誇大広告とか、興奮状態、夢中になってる、という意味で使われる方が主流だそうだ。
https://youtu.be/84_A8lyU9cY

「Ringo Starr(リンゴ・スター)」は、サンレモ音楽祭2020で初出場ながら第3位獲得する大躍進となった楽曲。もちろんタイトルはBeatlesのドラマーの名前で、彼のように脇役のままスターになった人物のことを歌っている。他に引用されているのは、バットマンの相棒ロビンなど。公式ヴィデオクリップは映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の有名なワンシーンをそのまま再現している。

彼らの曲の前に流れている当時のヒット曲「Earth Angel」はオリジナルの映画でも使用されているが、ここにもこの題材を取り上げた意味が隠されている。映画の中で"過去の舞台"となった1950年代にThe Penguinsのカヴァーでヒットしていた楽曲だからだ。1950年代のペンギンズから2020年のペンギンズに代わる、という意図が込められているのだ。
https://youtu.be/T_WSXXPQYeY

サンレモ2020の出場曲で想像できる通り、彼らのメンバーにはBeatlesフリークが多いようで、彼らがBeatlesカヴァーをするときは、メンバーで一番のBeatles通のベーシストSimone Pagani(シモーネ・パガーニ/29歳)がリード・ヴォーカルを取る。サンレモ音楽祭開催中の後夜祭番組『L'altroFestival(意:もうひとつのフェスティヴァル)』で彼らが披露したBeatlesカヴァーは「With a Little Help From My Friends」。Beatlesの革命的(このアルバムでポップ・ロックが変わったと言われる作品集)アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』(1967)に収めらていた楽曲で、前出のRingo Starrがリードヴォーカルを取る数少ない楽曲のひとつだ。
https://youtu.be/z4ODrJiLfnI

サンレモ音楽祭2020第3夜のカヴァー大会で彼らが披露して見せた楽曲は「Settanta volte(意:70回)」。70回記念大会という節目として注目を集める中で、1950年代から2019年まで8曲をピックアップしたメドレーだった。
https://youtu.be/t3tO9CdQMe0

  1. Papaveri e papere(意:ケシとガチョウ/1952年大会2位/オリジナル歌唱:Nilla Pizzi/ニッラ・ピッツィ)
  2. Nessuno mi puo` giudicare(意:誰も私を評価できやしない/1966年大会2位/オリジナル歌唱:Caterina Caselli/カテリーナ・カゼッリとGene Pitney/ジーン・ピットニー)
  3. Gianna(ジァンナ/1978年大会3位/オリジナル歌唱:Rino Gaetano/リーノ・ガエターノ)
  4. Sara` perche' ti amo(意:私があなたを愛してるからそうなるわ/1981年大会5位/オリジナル歌唱:Ricchi e Poveri/リッキ・エ・ポーヴェリ)
  5. Una musica puo` fare(意:音楽はできる/1999年大会新人部門8位/オリジナル歌唱:Max Gazze`/マックス・ガッゼ)
  6. Saliro`(意:僕は降りるだろう/2002年大会14位/オリジナル歌唱:Daniele Silvestri/ダニエレ・シルヴェストリ)
  7. Sono solo parole(意:それは単なる言葉/2012年大会3位/オリジナル歌唱:Noemi/ノエミ)
  8. Rolls Royce(ロールス・ロイス/2019年大会9位/オリジナル歌唱:Achille Lauro/アキッレ・ラウロ)

日本の20歳代の若者グループが、80年代の映画や1950年代の楽曲を知っていて、すぐにカヴァーできるなんていうことは想像できないのだが、イタリアではよく見受けられる傾向だ。ここがイタリアと日本の大きな違いのひとつ。イタリア音楽を楽しむには、より広い知見がある方がより深く作品を味わえるということにつながる。するとイタリアPOPSは飽きることなく楽しめるのだ。

彼らの最新シングル「Ridere(意:笑う)」は今春、世界中を席巻したコロナ禍の外出禁止令下で製作されたヴィデオクリップのため、すべてリモート撮影された動画で構成されている。彼らの出身地Bergamoは不幸にも欧州のコロナ禍の中心地となってしまったことも加味して鑑賞したい。
https://youtu.be/8QeOzyCrAak

※当サイトでのPinguini Tattici Nucleariの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pinguini_Tattici_Nucleari


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。

第174回イタリアPOPSフェスタ(2020年5月/オンライン)参加者募集

オンライン(リモート)開催!誰でも&何処からでも参加可能

紹介予定:
★Dodi Battaglia(ドディ・バッタリァ)『Perle』(2019)

 元Pooh(プー)のギタリストが故Valerio Negrini(ヴァレリオ・ネグリーニ/Poohの初代リーダー&作詞家)に捧げたコンサートを収録。もちろんPoohの楽曲ばかりが披露され、Poohで一番甘い声の持ち主だったDodiが他のメンバーのヴォーカルパートも歌うのは見応え&聴き応え充分だ!
★Alessandra Amoroso(アレッサンドラ・アモローゾ)『7 donne acCanto a te』
 慈善コンサート『Una, nessuna, centomila』(9/19開催)に出演する7人の女性歌手が、新型コロナウィルスで自宅待機を強いられたイタリア国民のために、一人ずつ自身のライヴを紹介していくTV番組『7 donne acCanto a te』から、Alessandra Amorosoの2016年@Assagoフォーラムで収録されたコンサートを紹介。
★Pinguini Tattici Nucleari(ピングィニ・タッティチ・ヌークレァーリ)『Fuori dall'hype』(2020)
 サンレモ音楽祭2020に初出場していきなり3位の上位入賞を果たした6人組バンドの4thアルバムのサンレモ・エディション。確かな演奏テクニックながらその楽しいステージで一気にファンを増やした注目株。

2020-05

イタリアPOPSの話題のアルバムや最新曲、アーティストのエピソードなどを日本語解説で補足しながら、音と映像で思う存分楽しめる楽しい音楽イベントです。15年超に渡って毎月開催中!

今回は時節柄を踏まえ、リモート(オンライン)で開催いたします!今やリモートツールの代名詞と化したZoomを使用いたします。参加者はZoomにアカウント登録をする必要もなく、完全無料で使えますので、インターネット回線(通信費は自己負担となりますので、有線ネットまたはWiFi利用がお勧めです)と端末(Windows、Mac、iOS、アンドロイド 等)があれば、どなたでもどこからでも参加可能です。基本的に主催者から音楽&映像を紹介していきますので、ラジオやTVを付ける感覚でご参加ください(カメラ&マイクOFFでの参加でもOK)。

日時:2020年5月30日(土) 13:00〜17:00

参加ご希望の方はコチラからお申し込みください。 (予約制)
※参加するためのID&PWを公開するとZoom上でアラシの被害に遭い易いので、ご面倒おかけしますが上記のフォームからご連絡をお願いいたします。折り返しID&PWをお送りいたします。
※参加ご希望の方はなるべく前日5/29までに申し込みをお願いいたします。当日や直前、開始してからでは当方の手が空かず、ID&PWなどのご案内を送れない場合があります。

なお非対面ということもあり、参加料はいただきませんが、この活動を長く続けていくために、別途"寄付金”を賜れれば幸甚です(目安として1,000円ぐらい)。ご寄付を頂いた方にはFESTA終了後、もれなく秘密のプレゼントがあります。寄付方法も上記ID&PWと一緒にお伝えいたします。

席数:ご予約順の先着100名(Zoomの上限)

※当サイトでのDodi Battaglia(Pooh)の紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Dodi_Battaglia
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pooh

※当サイトでのAlessandra Amorosoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alessandra_Amoroso

第173回イタリアPOPSフェスタ(2020年2月)レポート(第3&4部:Alberto Fortis)

Alberto Fortis(アルベルト・フォルティス/65歳/Domodossola出身)は、1980年代初頭にイタリア音楽界に新風を吹き込んだカンタウトーレ。『FORTIS 1°OfficiALive』(2019)は、タイトル通り公式初のライヴ版で、CD2枚+DVDの3枚組。ライヴ会場はMilanoのSforzesco城。
Alberto Fortis - FORTIS 1° OfficiALive(2019)

デビューアルバム『Alberto Fortis』(1979)はPFMが全面的に演奏を務め、Claudio Fabi(クラウディオ・ファビ)が編曲を担当するという鳴り物入りで話題となった。

1981年の3rdアルバム『La grande grotta(意:大きな洞窟)』(1981)が年間チャート3位に入る自身最大のヒット作となるが、続く4th、5thアルバムがあまり振るわず、1984年を最後に米国に移住。その後も細々とアルバムをリリースしていたが、21世紀になってイタリアのミュージックシーンに戻り活動を再開しているという来歴。

「Hey mama」〜「Carta del cielo(意:空の紙)」(1990)

なぜか"giapponese"というセリフが挿入される「Plastic Mexico」(1984)

「La nena del Salvador(意:サルヴァドールの少女)」(1981)

Francesco Baccini(フランチェスコ・バッチーニ/60歳/Genova出身)をゲストに迎えた「Nuda e senza seno(意:裸と胸ナシ)」(1979)

※当サイトでのFrancesco Bacciniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_Baccini

「Il duomo di notte(意:夜のドゥオモ)」(1978)

Beatlesの「Strawberry fields forever」へのオマージュ作品「Fragole infinite(意:無限のイチゴ)」(1982)

Rossana Casale(ロッサナ・カザーレ/60歳/New York生まれ)をゲストに迎え、2人で共作した「Didin」(1983)をデュエット。

※当サイトでのRossana Casaleの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Rossana_Casale

L'amicizia(意:友情)」(1979)

Milano e Vincenzo(ミラノとヴィンチェンツォ)」(1978)

Sindone(意:経かたびら)」(2007)

Settembre(意:9月)」 (1981)

La sedia di Lilla`(意:ライラックの椅子)」 (1979)の後半、出場者全員がFortisのピアノの周りに集まって合唱し、コンサートの幕が下りる。

※当サイトでのAlberto Fortisの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alberto_Fortis


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。

第173回イタリアPOPSフェスタ(2020年2月)レポート(第2部:Jovanotti)

イタリア語ラップの創始者Jovanotti(ジョヴァノッティ/Roma出身/54歳)の『Jova Beach Party』(2019)は、自身初のEP盤で他のミュージシャンやDJとのコラボ集。同年8月3日よりツアー開始したが、MillanoのLinate空港では10万人もの観客動員となった。
Jovanotti - Jova Beach Party(2019)

「Nuova era(意:新しい時代)」は、売れっ子コンポーザーDardust(ダルダスト)ことDario Faini(ダリオ・ファイーニ)との共演・共作・共同プロデュース作品だ。

「Prima che diventi giorno(意:夜が明ける前に)」

同年に精力的にも2枚目のアルバム『Lorenzo sulla luna(意:月面上のロレンツォ)』(2019)をリリースしたJovanotti。これは1969年7月20日アポロ11号による人類初の月面着陸から50周年にちなみ、“月”を歌ったイタリア語曲11曲をカヴァー、うちセルフカヴァー2曲。
Jovanotti - Lorenzo sulla luna(2019)

最初に発表になった楽曲は第1部で紹介したGianni Togni(ジァンニ・トーニ)の「Luna(意:月)」(1980)。こちらがオリジナルのGianni Togni(当時24歳)。

※当サイトでのGianni Togniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Togni

そしてJovanottiによるカヴァーだが、既に前出の『Jova Beach Party』ツアーで披露されている。確かにアルバム『Jova Beach Party』にも“月”が登場する歌詞が多いので、既にその時点で月面着陸50周年を意識していたのかもしれない。ここではそのサマーツアーでFiorello(フィオレッロ)との共演映像で。

※当サイトでのFiorelloの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fiorello

Subsonica(スブソニカ)のヴォーカリストSamuel(サムエル)のソロプロジェクトで、Jovanottiや敏腕プロデューサーMichele Canova Iorfida(ミケーレ・カノーヴァ・イォルフィダ)と共作した「La luna piena(意:満月)」 (2017)。

※当サイトでのSubsonicaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Subsonica

そしてJovanottiによるカヴァー。

仮面をかぶったパフォーマンスが特徴的なインディーズバンドTre Allegri Ragazzi Morti(トレ・アッレグリ・ラガッツィ・モルティ/意:3人の元気な死んだ若者たち)の「La faccia della luna(意:月面)」 (2010)。

Jovanottiによるカヴァー。彼らはJovanottiの前座を務めたりしてお互いに懇意にしている仲とのこと。

Lucio Dalla(ルーチョ・ダッラ/Bologna出身/1943-2012/69歳没)の「L'ultima luna(意:最後の月)」(1979)。

※当サイトでのLucio Dallaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Dalla

Jovanottiによるカヴァー。

名プロデューサー&コンポーザーでもある大御所カンタウトーレIvano Fossati(イヴァーノ・フォッサーティ/Genova出身/69歳)の「Una notte in Italia(意:イタリアのある夜)」 (1986)

※当サイトでのIvano Fossatiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ivano_Fossati

Jovanottiによるカヴァー。

他には、Domenico Modugno(ドメニコ・モドゥーニョ)の「Notte di luna calante(意:欠けた月の夜)」、Claudio Villa(クラウディオ・ヴィッラ)の「Luna rossa(意:赤い月)」、Fred Buscaglione(フレッド・ブスカリォーネ)の「Guarda che luna(意:ご覧、なんて月だ)」といった、1950年代のヒット曲まで網羅している。

※当サイトでのJovanottiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ