Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第157回イタリアPOPSフェスタ(2018年9月)参加者募集

紹介予定:
★Vasco Rossi(ヴァスコ・ロッシ)
『Vasco Modena park』(2017)イタリアのロック王、白熱のライヴ。2017年年間チャート13位
★Mina(ミーナ)
『Maeba』(2018)待望の2018年Newアルバム
★MinaCelentano(ミーナチェレンターノ)
『Tute le migliori』(2017)イタリア最高峰の2人の伝説的コラボ。2017年年間チャート3位
★Annalisa(アンナリーザ)
『Bye bye』(2018)サンレモ音楽祭2018第3位受賞曲収録
★Ultimo(ウルティモ)
『Peter Pan』(2018)サンレモ音楽祭2018新人部門優勝曲収録
★Mirkoeilcane(ミルコエイルカーネ)
『Secondo me』(2018)サンレモ音楽祭2018新人部門第2位受賞曲収録

2018-09EV

イタリアPOPSの話題のアルバムや最新曲、アーティストのエピソードなどを日本語解説で補足しながら、音と映像で思う存分楽しめる楽しい音楽イベントです。

東京スカイツリーを間近に望む夜景と、 来場者持ち寄りの飲食物を一緒に味わえるのも人気です!

なお、Eメールアドレスをお知らせいただいた参加者には、FESTA参加後、もれなく秘密のプレゼントがあります。(注:携帯メールアドレスには、プレゼントのご提供ができない場合あります。)

日時:2018年09月22日(土) 17:00〜21:30(16:30開場)

会費:1,000円

※飲食物のお持ち寄りをお願いいたします:取り分けし易いものがベターです。ご自分がお好きなもの・食べたいものを数人前ぐらいで充分です。

席数:ご予約順の先着20名(要・予約)

会場:東京・JR亀戸駅 徒歩2分(予約者のみに詳細をお知らせいたします

注意事項
※先着20名に達し次第、募集を締め切ります。
※席数に達しなかった場合でも、準備の都合上、予約締切は会期前日とします。
※音楽鑑賞タイムは、音楽を鑑賞する目的の参加者の迷惑とならないよう各自ご注意ください。

参加ご希望の方はコチラからお申し込みください。 (予約制)

※当サイトでのVasco Rossiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Vasco_Rossi

※当サイトでのMinaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mina

※当サイトでのAdriano Celentanoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Adriano_Celentano

※当サイトでのAnnalisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa

※当サイトでのUltimoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ultimo

※当サイトでのMirkoeilcaneの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mirkoeilcane

第156回イタリアPOPSフェスタ(2018年8月)レポート(第3&4部:Giorgia)

イタリアで一番歌唱力のある女性歌手のひとりGiorgia(ジォルジァ/ジョルジア/47歳/Roma出身)のライヴアルバム『Oronero deluxe edition LIVE』(2018)から。2016年の年間チャート25位、2017年でも23位に入ったロングセラーアルバム『Oronero(黒金)』(2016)のDX盤で、そのアルバム『Oronero』を含む、3枚組(2CD+DVD/CD2とDVDはライヴ盤)。
Giorgia - Oronero deluxe edition LIVE

新曲としてCD&DVDにヴィデオクリップが収録されたのがMarco Mengoni(マルコ・メンゴーニ)とのデュエット曲「Come neve(意:雪のように)」だ。

※当サイトでのMarco Mengoniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni

ディスクに収録されているのはTorinoでのライヴだが、ネット上にその公式映像はUPされていないので、ここではMilanoでのライヴ映像を貼っておく。

Festaでは、アルバム『Oronero』収録曲から「Vanita`(意:うぬぼれ)」、「Credo(意:信じる)」、「Scelgo ancora te(意:私はまたあなたを選ぶ)」、「Oronero」、「Io fra tanti(意:大勢の中の私)」、Giorgiaのベストヒットから「Tu mi porti su(意:あなたは私を引き上げてくれる)」(2012)、「Quando una stella muore(意:星がひとつ死ぬ時)」(2013)、「Non mi ami(意:あなたは私を愛していない)」(2014)、「Il mio giorno migliore(意:私の最高の日)」(2011)、「Di sole e d'azzurro(意:太陽と空色で)」(サンレモ2001で2位となったZuccheroとMino Vergnaghi共作曲)、「Gocce di memoria(意:想い出のしずく)」(2003/フェルザン・オズベテク映画『向かいの窓(La finestra di fronte)』主題歌)、そしてGiorgiaにとって大切な楽曲「Marzo(意:3月)」(2002)を紹介した。当時恋人関係にあったカンタウトーレ故Alex Baroni(アレックス・バローニ)に捧げた楽曲で、彼の死因となった交通事故が起きた3月をタイトルにしている。

※当サイトでのAlex Baroniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alex_Baroni

余談だが、Giorgiaがイタリアで大歌手と認められるようになったのは、ベストアルバム『Gratest Hits』(2002)が空前の大ヒットしてからなのだが、皮肉にもその時期は恋人Alex Baroniを突然の交通事故で失った後のこと。そのベストアルバムの副題が“Le cose non vanno mai come credi(意:物事は信じたようには決して進まない)”であるように、おそらく彼女の人生の中で一番辛かった時期に歌手として大成するという数奇な運命を辿った人物でもある。 Giorgia - Greatest hits

話題はこのライブアルバムに戻り、いくつかの余興的コーナーが収録されているが、そのうちもっとも面白いのが“(20年前の)1997年には何が起こっていたか?”コーナー。メドレーで歌われているのは、Marina Rei(マリーナ・レイ)のイタリア語カヴァー曲「Primavera (意:春)」、Nek(ネック)人気がブレイクした「Laura non c'e` (意:ラウラはいない)」、Policeの「見つめていたい(Every breath you take)」のメロディを使った「I'll Be Missing You」(Puff Daddy & Faith Evans)を歌う。

※当サイトでのMarina Reiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marina_Rei

※当サイトでのNekの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nek

さらにGiorgiaが披露するのは故Pino Daniele(ピーノ・ダニエレ)の「Che male c'e`(意:何か悪いことがあるの?)」で、当時Pino Danieleとコラボしてアルバム『Mangio troppa cioccolata(意:私はチョコレート食べ過ぎる)』を発表した想い出を語る。そして同アルバムに収録された楽曲の中から「Dimmi dove sei(意:あなたがどこに居るのか言って)」(Pino Daniele書き下ろし)、そして「Un amore da favola(意:伝説の恋)」が歌われる。

※当サイトでのPino Danieleの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pino_Daniele

※当サイトでのGiorgiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giorgia


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2018年に達する年齢で表記。

第156回イタリアPOPSフェスタ(2018年8月)レポート(第2部:Ron, Jovanotti)

ベテランカンタウトーレRon(ロン/65歳/Lombardia州Dorno出身)のアルバム『Lucio!(ルーチォ!)』(2018)から。故Lucio Dalla(ルーチォ・ダッラ)へのトリビュート・アルバムで、師弟関係だったRonらしく、Dalla作品、共作、RonがDallaに提供した作品などが収録され、Dallaとのデュエット曲以外は2018年に新録したテイク集だ。
Ron - Lucio!

サンレモ音楽祭1996優勝経験があるRon。サンレモ2018ではLucio Dallaの未発表曲「Almeno pensami(意:少なくとも僕のことを想ってくれ)」を歌って、惜しくも上位入賞を逃して4位となったものの、上位入賞よりも栄誉あるミア・マルティーニ賞(批評家賞)を受賞している。サンレモ第4夜のゲストにはAlice(アリーチェ)を招いてデュエットを披露した。彼女もまたサンレモ音楽祭1981優勝経験者だ。

※当サイトでのAliceの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alice

シングル第2弾はLucio Dallaの「Tu non mi basti mai(意:君は僕には不十分だ)」の新録版。

※当サイトでのLucio Dallaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Dalla

※当サイトでのRonの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ron


ここからはJovanotti(ジォヴァノッティ/52歳/Roma出身)のアルバム『Oh, vita! Lorenzo 2018(意:あぁ、人生! ロレンツォ 2018)』(2017)から。
Jovanotti - Oh,vita!

シングル第1弾はアルバムタイトル曲「Oh, vita!」。イタリア語ラップの父の異名をとるJovaらしく、久々にバリバリのRap曲だ。タイトルに因んで、自身の出生地Romaのゆかりの地をロケ現場に使っている。

シングル第2弾「Le canzoni(意:歌)」。最近のJovaらしい歌モノ寄りの楽曲。

シングル第3弾「Affermativo(意:肯定的な)」は、人気DJのTakagi & Ketra(タカジ&ケトラ)によるGipsy Trap Remixヴァージョン。スタジオ収録風景のヴィデオクリップ。

シングル第4弾「Viva la liberta`(意:自由万歳)」は、スタジアムライヴヴァージョンのヴィデオクリップ。

※当サイトでのJovanottiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2018年に達する年齢で表記。

第156回イタリアPOPSフェスタ(2018年8月)レポート(第1部:Renzo Rubino, Giovanni Caccamo, Luca Barbarossa)

2014年に来日歴のある若手カンタウトーレRenzo Rubino(レンツォ・ルビーノ/30歳/Puglia州Taranto出身)のアルバム『Il gelato dopo il mare(意:海のあとのジェラート)』(2018)から。全曲Renzo自身の作詞・作曲で、プロデュースはMilano生まれ&育ちの日本人Taketo Goharaで、空間サウンドデザインに定評のある敏腕プロデューサーの手腕が光る一枚だ。
Renzo Rubino - Il gelato dopo il mare

サンレモ音楽祭2018出場曲「Custodire(意:守ること)」を収録しており、結果は13位と振るわなかったものの美しい佳曲で、楽曲プロデュースはNegramaro(ネグラマーロ)のGiuliano Sangiorgi(ジュリアーノ・サンジォルジ)が務めている。サンレモ2018第4夜は女優&歌手のSerena Rossi(セレーナ・ロッシ)とのデュエットを披露した。

シングル第2弾「La La La」

余談だがアルバム11曲目に収録の「Margarita(マルガリータ)」という曲は、2014年の来日ステージで突然披露されていた楽曲だ。帯同したバンドメンバー(2人とも今回のアルバムに演奏で参加している)にも事前に知らされておらず、Renzoのピアノ弾き語りだけで歌われたのだ。

※当サイトでのRenzo Rubinoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renzo_Rubino


2016年に来日歴のあるGiovanni Caccamo(ジォヴァンニ・カッカモ/28歳/Sicilia州Modica出身)のアルバム『Eterno(意:永遠の)』(2018)から。Box型のカートン型パッケージで、百日草の種が封入されている。
Giovanni Caccamo - Eterno

サンレモ音楽祭2018出場曲はアルバムタイトルにもなった「Eterno」で結果は10位。作曲はGiovanni自身で、作詞は名作詞家一家の三代目Cheope(ケオペ/Mogolの息子)。

サンレモ第4夜ではArisa(アリーザ)をゲストに迎えてデュエットを披露した。Arisaは、Giovanni来日の翌2017年に来日を果たしているが、来日時に「Sugar Musicへ移籍を考えてるの」と筆者に密かに打ち明けた通り、その5ヶ月後にSugar Musicへ移籍し、今回のGiovanniとのデュエットはSugar Music所属歌手同士の共演のお披露目にもなった。

※当サイトでのArisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Arisa

同アルバムからのシングル第2弾は「Bisogno di tutto(意:全てが必要)」

アルバム1曲目の「Puoi fidarti di me(意:君は僕を信用していいよ)」は、映画『Puoi baciare lo sposo(意:君は花婿にキスしていいよ)』(2018)の挿入歌にも抜擢されている。

※当サイトでのGiovanni Caccamoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giovanni_Caccamo


ベテランカンタウトーレLuca Barbarossa(ルカ・バルバロッサ/57歳/Roma出身)のアルバム『Roma e` de tutti(意:ローマはみんなで出来ている)』(2018)から。
Luca Barbarossa - Roma e de tutti

サンレモ音楽祭1992優勝歴のあるLucaだが、サンレモ2018に出場したものの、出場曲の規定(イタリア共通語に限る)に抵触するローマ方言を使った自作曲「Passame er sale(意:僕に塩をとって)」を歌ったせいか、7位に留まった。しかし歌詞の文学性を評価するルネツィア賞を受賞している。

サンレモ第4夜のゲストには、女優Anna Foglietta(アンナ・フォリェッタ)を招いてデュエットを披露した。近年のヒット作品では日本でも劇場公開された映画『おとなの事情(Perfetti sconosciuti)』(2016)で倦怠期の夫婦の妻役を演じていた女優だ。

同アルバムからのシングル第2弾は「La dieta(意:ダイエット)」

※当サイトでのLuca Barbarossaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Luca_Barbarossa


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2018年に達する年齢で表記。

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ