Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

9/12開催 音楽セミナー『百花繚乱!イタリア音楽 Part 11』@ベリタリア

アペリテイーヴォスタイルのイタリア音楽セミナー【イタリアンポップスセミナー&フェスタ 百花繚乱】、好評につき第11弾開催!

東京・南青山でイタリアの香りを醸し出し続けて20周年を迎えた『ベリタリア イタリア語・文化教室』の素敵なサロンにて、2人のイタリア女性(PatriziaとGiovanna)が腕を振るった軽食&ドリンクを味わいながら楽しめます。

BellItalia2014-09

※第1弾の様子:http://ameblo.jp/bellitalia/entry-11709613994.html
※第2弾の様子:http://ameblo.jp/bellitalia/entry-11786260906.html
※第3弾の様子:http://goo.gl/KBlsLu
※第4弾の様子:http://www.bellavita.co.jp/archives/7313
※第5弾の様子:http://www.bellavita.co.jp/archives/7313
※第6弾の様子:http://piccola-radio-italia.com/archives/52152557.html

音楽の国イタリアでは、ポップスはクラシックと同等の評価を得る芸術です。しかし日本ではイタリアのポップスがマスメディアから流れる事が少なく、情報も少ないため、残念ながら多くの方がその魅力に触れる機会を逸しています。

こうした日本人に知られざるイタリアン・ポップスの魅力を、音と映像でご紹介いたします。貴重な音源・映像・ネタも満載! イタリアン・ポップス初心者の方も、熱烈なファンの方も、共に楽しめるイヴェントです。ぜひこの機会に体験してみてください。※日本語で解説しますので、受講者のイタリア語力は問いません。

Bell'Italia

Bell'Italia【詳細】
開催日:2015年9月12日(土)
時間:17:30−19:30
会場:ベリタリア イタリア語・文化教室
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山3-16-1
電話:03-3404-6116
最寄駅:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」A4番出口
参加費:3,500円※ドリンク&軽食付
(キャンセルは3日前までとなります。)


大きな地図で見る

お申込みはベリタリアまで
電話:03-3404-6116
お申込みフォーム: http://www.bellavita.co.jp/bellitalia/document-request

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』各号もBell'Italiaの1F受付で優待価格でお求めいただけます。

MusicaVita1-7tw

第123回イタリアPOPSフェスタ(2015年8月)レポート(第3部:Marco Mengoni,Gianni Morandi,Claudio Baglioni,Paolo Benvegnu`,Chiara Minaldi )

第3部

今や新世代のTopに君臨するカンタウトーレMarco Mengoni(マルコ・メンゴーニ/27歳/Lazio州Ronciglione出身)のアルバム『Parole in circolo(意:循環する言葉)』(2015)。

Marco Mengoni - Parole in circolo

2014年11月にリリースされた先行シングル「Guerriero(意:剣闘士)」。4回ものプラティナディスクに認定される大ヒットとなった。

シングル第2弾「Esseri umani(意:人間の本質)。Mengoni本人の弁によると、人類普遍の愛の物語について書いた曲であり、次第に生物としての大事なことを忘れさせてしまう社会の暗部と闘う勇気を再確認しているとのこと。こちらもプラティナディスクに認定された。

シングル第3弾「Io ti aspetto(意:僕は君を待つ)」。

※当サイトでのMarco Mengoniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni


ミュージシャン仲間から信頼を集める渋い作風のカンタウトーレPaolo Benvegnu`(パオロ・ベンヴェニュ/50歳/Milano出身)のアルバム『Earth hotel』(2014)。

Paolo Benvegnu - Earth Hotel

シングル曲「Una nuova innocenza(意:新たな潔白)」。バンコック・ロケで収録された公式videoclipで。

※当サイトでのPaolo Benvegnu`の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Paolo_Benvegnu`


そして日本流通盤もリリースされたChiara Minaldi(キアラ・ミナルディ/35歳/Sicilia州Agrigento出身)のデビュー盤『Intimate(意:親密な/個人的な)』。

Chiara Minaldi - Intimate

Jazzスタイルのサウンドの歌手らしく、1曲を除いて英語曲で、半数がBeatlesやJames Taylor、Joni Mitchellの楽曲のカヴァー。この選曲なので、いい意味でJazzに染まりきっていない感じが好印象の実力派カンタウトリーチェだ。

自作のシングル曲「The rain still falls(意:雨が相変わらず降っている)」は、韓国でチャートインする快挙を成し遂げている。

そして唯一のイタリア語曲はもちろん彼女自身が書いた「Un evidente stato d'animo(意:心の明らかな状態)」。


永遠の青春スターGianni Morandi(ジァンニ・モランディ/ジャンニ・モランディ/71歳/Emilia-Romagna州Monghidoro出身)のアルバム『Autoscatto 7.0(意:自撮り 7.0)』(2014)。未発表曲3曲入りで他は自身の代表曲を新たなヴァージョンで再録音している。

Gianni Morandi - Autoscatto 7_0

その未発表曲のひとつが「Io ci sono(意:僕がいるよ)」。

※当サイトでのGianni Morandiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Morandi

2015年7月にMorandiは新たなプロジェクトを開始。それは少し後輩の大御所カンタウトーレClaudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ/64歳/Roma出身)とのコラボレーションで、デュエット曲「Capitani coraggiosi(意:勇ましい船長)」を発表。既に2人のライヴ公演も実現している。

英作家ラドヤード・キップリング作の同名小説がモチーフになっていると思われ、原作は『我は海の子』(1937/米)の日本語タイトルで映画化もされている。またPFMが同名タイトル曲を1984年に発表してスマッシュヒットとなっている。

※当サイトでのClaudio Baglioniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudio_Baglioni


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

次回のイベントは、9月12日(土)に東京・表参道のベリタリアに於いて『百花繚乱!イタリア音楽Part11』として開催。詳細情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/52187372.html

9月の月例FESTAは、9月19日(土)に開催予定。

第123回イタリアPOPSフェスタ(2015年8月)レポート(第2部:Emma)

第2部

Emma(エンマ/31歳/Firenze生まれPuglia州Aradeo育ち)が2014年7月7日に行った野外ライヴを収録したCD+DVD『E live』(2014)。

Emma - E Live

タレントショー番組Amiciを経てソロデビュー後僅か4年にして、由緒あるArena di Veronaでソロコンサートを行える実力派スターになったことが認定された、彼女のキャリアの中で大きなステップとなったのは間違いない。当日は生憎の雨模様となったが、歴史的なコンサートを象徴する現象ともいえる様相を呈している。

オープニングは彼女自身が曲作りに参加した「Amami(意:私を愛して)」(2013)で幕を開ける。ヒットチャートの3位になった楽曲だ。ここでは公式videoclip映像で。

同DVDには20曲が収録されていて、Emmaの魅力が引き出された佳曲が多いことに気づかされるが、FESTAでの紹介時間は限られるため、ヒットチャート上位を記録した楽曲を中心に紹介することに。「Saro` libera(意:私は自由)」(2011)はチャート4位まで登った。しっとりと歌い上げる美しい楽曲。ここでは公式videoclip映像で。

本コンサートにゲスト出演したスペインの歌手David Bisbal(ダビッド・ビスバル/36歳)と2曲デュエットしているが、Bisbalの持ち曲「Hombre de tu vida(意:君の人生の男)」(2014)を。同曲はBisbalがブラジル女性スターSandy(サンディ)と歌ったものがオリジナルだが、Emmaとの共演ヴァージョンもリリースされている。ちなみにBisbalもスペインのタレントオーディション番組出身。

「Non e` l'inferno(意:地獄ではない)」(2012)はサンレモ音楽祭優勝を勝ち取ったEmmaの代表曲。ここでは公式videoclip映像で。

「Arrivera`(意:やってくるよ)」(2011)はその前年のサンレモ音楽祭でModa`(モダー)との共演で準優勝に輝いた楽曲。本コンサートではEmmaのソロヴァージョンで、新しい&かっこいいアレンジで披露された。ここではModa`との共演映像で。もちろんヒットチャート首位を記録している。

「Cercavo amore(意:私は愛を探していた)」(2011)。ヒットチャート1位に輝いた楽曲だが、本コンサートでは不響和音を多用したかっこいいストリングス・アレンジで披露された。ここでは公式videoclip映像で。

そして記念すべきEmmaのソロデビュー曲「Calore(意:熱意)」(2010)。ヒットチャート1位を記録して、Emmaのキャリアが順調な滑り出しとなったのも記憶に新しい。もちろんコンサート会場は最高に盛り上がる。ここでは公式videoclip映像で。

そしてイタリア代表としてEurovision Song Contest 2014の出場曲となった「La mia citta`(意:私の街)」でコンサートは幕を閉じる。Emmaの目に光る涙と、ステージに膝をついて深く頭を垂れるEmmaの真摯な姿が印象に深く残る。ここではEurovision出場時の映像で。

本CDには未発表曲「Resta ancora un po'(意:もうほんの少し残って)」のスタジオ録音版が収録されている。同曲は同じタレントショー番組Amici出身の先輩歌手Antonino(アントニーノ)にEmmaが2012年に提供した作品。つまりセルフカヴァーとなる。

さて、このコンサートが行われた2014年7月7日以降のEmmaの活躍を追ってみよう。

前出の楽曲のうち、2011&2012年のサンレモ音楽祭で準優勝&優勝を勝ち取り、Emmaの大きなステップとなった楽曲を書いたのが、Moda`のKekko(ケッコ/36歳/Milano出身)だが、そのModa`がライヴ盤『2004-2014 L'originale』(2014)で、過去の曲「Come in un film(意:映画の中のように)」を再録音して発表、これがEmmaとの共演ヴァージョンとなった。

※当サイトでのModa`の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Moda`

さらにClub Dogo(クラブ・ドーゴ)のDon Joe(ドン・ジョー)がリリースした楽曲「Ora o mai piu`(意:今、それとももうないか)」もEmmaをフィーチャリングした。これらのことから、Emmaの歌唱力と存在感は、着実にアーティスト仲間内にも定着していると言えるだろう。

そしていよいよNewアルバムに向けて始動を始めたEmmaは、先行シングル「Occhi profondi(意:深い眼差し)」(2015)をリリースしたばかり

※当サイトでのEmmaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第123回イタリアPOPSフェスタ(2015年8月)レポート(第1部:Vasco Rossi)

第1部

2014年イタリア年間アルバムチャート首位に輝いたVasco Rossi(ヴァスコ・ロッスィ/ヴァスコ・ロッシ/63歳/Emilia-Romagna州Modena近郊Zocca出身)の『Sono innocente(意:俺は潔白だ)』(2014年11月4日発売)。米LAとBolognaで録音され、発売から僅か2ヶ月足らずの期間で年間チャート首位に輝くセールス記録を樹立するという、相変わらず絶大な人気を誇っている。

Vasco Rossi - Sono innocente

60歳過ぎのアーティストが依然としてこの人気&実力を保っているのは、日本の実情とは余りにも異なる事が判ると思う。

シングル化第1弾は「L'uomo piu` semplice(意:最も素朴な男)」。Stadio(スターディオ)のGaetano Curreri(ガエターノ・クッレリ)らと共作し、2013年1月にリリースされていた楽曲の再録音版。曲名が意味するのはVasco自身のことのようだ。シングルチャートでも首位を記録。

シングル第2弾「Cambia-menti(意:変化/心変わり)」。Vascoによると、数年前に書き始めた曲だが、当時の激情が落ち着いて(=変化・心変わりして)曲に仕上がったとのこと。“Cambiamenti(意:変化)”と“Cambia menti(意:心変わり)”のダブルミーニングのタイトルと思われる。また同曲はVascoのライヴツアー“Vasco Live Kom '014)”のテーマ曲に選ばれている。

シングル第3弾「Dannate nuvole(意:呪われた雲)」。近代ヨーロッパに大きな影響を与えた『ツアラトゥストラはこう語った(かく語りき)』(ニーチェ著)にインスピレーションを得て作った曲とのこと。

シングル第4弾「Come vorrei(意:俺が望むように)」。Vascoの重要なブレインTullio Ferro(トゥッリオ・フェッロ)が書いた美しいポップ・バラードで、愛と引き換えに世界を変えることについて問いただしている。PVのロケ場所はEmiglia-Romagna州とToscana州に跨る国立公園Parco nazionale delle Foreste Casentinesi, Monte Falterona e Campignaでシュートされている。

シングル第5弾「Sono innocente ma...(意:俺は潔白だが…)」。アルバムタイトル曲とも言える楽曲だが、最後に"ma(だけど)"が付いているのがミソ。Vascoが過去に起こした様々なトラブル(酒癖など)などを自虐的に綴っている。アルバム・ジャケットの取調室のイメージにも繋がっている。

シングル第6弾「Guai(意:なあ/承知しないぞ)」。Saverio Grandi(サヴェリオ・グランディ)とStadioのGaetano Curreriと共作している。

※当サイトでのVasco Rossiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Vasco_Rossi


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

Bell'Italia2015/9/12開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part11』@ベリタリア

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第8号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第8号

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

Bell'Italia2015/9/12開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part11』@ベリタリア

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Bell'Italia2015/7/11開催『みんなで歌おう イタリアンポップスPart3』@ベリタリア

Bell'Italia2015/6/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 10』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第8号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第8号

Bell'Italia2015/4/4開催『みんなで歌おう イタリアンポップスPart2』@ベリタリア

Bell'Italia2015/3/14開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 9』@ベリタリア

Bell'Italia2015/2/21開催『みんなで歌おう イタリアンポップス』@ベリタリア

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

Bell'Italia2015/1/24開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 8』@ベリタリア

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

Bell'Italia2014/11/8開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 6』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

Bell'Italia2014/9/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 5』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Bell'Italia2014/6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia2014/4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2014/2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ