Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第173回イタリアPOPSフェスタ(2020年2月)参加者募集

紹介予定:
★Alberto Fortis(アルベルト・フォルティス)『FORTIS 1°OfficiALive』(2019)

 1970年代終わりにPFMが演奏を務めるアルバムでデビューして注目を集め、80年代初頭にかけてイタリア音楽界に新風を吹き込んだカンタウトーレ。本アルバムはタイトル通り公式初のライヴ映像だ。
★Jovanotti(ジョヴァノッティ)『Jova Beach Party』(2019)『Lorenzo sulla luna』(2019)
 2019年に精力的に2枚ものアルバムをリリースしたイタリア語ラップの創始者。前者は自身初のEP盤で他のミュージシャンやDJとのコラボ集。後者は人類初の月面着陸50周年を記念したアルバムで、月を歌ったイタリア語曲のカヴァー集だ。
★Gianni Togni(ジャンニ・トーニ)『Futuro improvviso』(2019)『Canzoni ritrovate 1977』(2016)
 1980年代に一世を風靡した人気カンタウトーレ。4年ぶりの新譜となったのが前者。後者は1977年に録音したままお蔵入りになっていた作品集。後にブレイクするピアノで作曲&演奏スタイルに切り替わる過渡期が感じられる貴重な作品集だ。
★Emma(エンマ)『Fortuna』(2019)
 3度目の癌に倒れたEmmaがその1か月後に発表した新録アルバム(現在は無事に生還)。自身も曲作りに参加しつつも、ロックの帝王Vasco Rossi、StadioのGaetano Curreri、ヒット曲メーカーDardust、カンタウトリーチェElisa、Amara、Giulia Anania、若手カンタウトーレGiovanni Caccamo、Antonio Maggioが曲作りに参加しているのも聴きどころだ。

2020-02EV

イタリアPOPSの話題のアルバムや最新曲、アーティストのエピソードなどを日本語解説で補足しながら、音と映像で思う存分楽しめる楽しい音楽イベントです。

東京スカイツリーを間近に望む夜景と、 来場者持ち寄りの飲食物を一緒に味わえるのも人気です!

なお、Eメールアドレスをお知らせいただいた参加者には、FESTA参加後、もれなく秘密のプレゼントがあります。(注:携帯メールアドレスには、プレゼントのご提供ができない場合あります。)

日時:2020年2月29日(土) 17:00〜21:00(16:30開場)

会費:1,000円

※飲食物のお持ち寄りをお願いいたします:取り分けし易いものがベターです。ご自分がお好きなもの・食べたいものを数人前ぐらいで充分です。

席数:ご予約順の先着20名(要・予約)

会場:東京・JR亀戸駅 徒歩2分(予約者のみに詳細をお知らせいたします

注意事項
※先着20名に達し次第、募集を締め切ります。
※席数に達しなかった場合でも、準備の都合上、予約締切は会期前日とします。
※音楽鑑賞タイムは、音楽を鑑賞する目的の参加者の迷惑とならないよう各自ご注意ください。

参加ご希望の方はコチラからお申し込みください。 (予約制)

※当サイトでのAlberto Fortisの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alberto_Fortis

※当サイトでのJovanottiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti

※当サイトでのGianni Togniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Togni

※当サイトでのEmmaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma

第70回サンレモ音楽祭2020年/ 70°Festival della Canzone Italiana di Sanremo 2020

会期:2020年2月4日〜8日(5日間)
場所:サンレモ市アリストン劇場
総合司会:Amadeus(アマデウス/アートディレクター兼任)
Sanremo2020_Amadeus
平均視聴率:54.78%(前年比110.9%)
最高視聴率:最終夜後半68.80%(前年比105.5%)、瞬間最高視聴率:最終夜優勝発表時82.24%(前年比115.8%)


■優勝:「Fai rumore(意:君が騒いでる)」(di Diodato e E. Roberts)
Diodato(ディオダート)
指揮:Rodrigo D'Erasmo(ロドリゴ・デラズモ)
※ミア・マルティーニ賞(批評家賞)受賞
※ルネツィア賞(文学的歌詞賞)受賞
※ルーチョ・ダッラ賞(記者クラブ賞)受賞
Diodato - vincitore_SR2020-2

■2位:「Viceversa(意:逆に)」(di F. Gabbani e Pacifico)
Francesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ)
指揮:Fabio Gurian(ファビオ・ジュリアン)
※TIMミュージック賞(再生回数最多賞)受賞
Francesco Gabbani_SR2020

■3位:「Ringo Starr(リンゴ・スター)」(di R. Zanotti)
Pinguini Tattici Nucleari(ピングイニ・タッティチ・ヌークレアーリ)
指揮:Enrico Melozzi(エンリコ・メロッツィ)
Pinguini Tattici Nucleari_SR2020

■4位:「Dov'e`(意:どこに)」(di R. Casalino, D. Simonetta e F. Sarcina)
Le Vibrazioni(レ・ヴィブラツィオーニ)
指揮:Beppe Vessicchio(ベッペ・ヴェッシッキォ)

■5位:「Gigante(意:巨人)」(di P. Pelu` e L. Chiaravalli)
Piero Pelu`(ピエロ・ペルー)
指揮:Luca Chiaravalli(ルカ・キァラヴァッリ)

■6位:「Ho amato tutto(意:私はすべてを愛した)」(di P. Cantarelli)
Tosca(トスカ)
指揮:Valeriano Chiaravalle(ヴァレリァーノ・キァラヴァッレ)
※ニッラ・ピッツィ賞(最優秀楽曲&パフォーマンス賞)受賞
※ジャンカルロ・ビガッツィ賞(最優秀作曲賞)受賞
Tosca - Nilla Pizzi_SR2020

■7位:「Andromeda(アンドロメダ)」(di Mahmood e Dardust)
Elodie(エロディー)
指揮:Silvia Catasta(シルヴィア・カタスタ)

■8位:「Me ne frego(意:僕は気にしないよ)」(di A. Lauro, D. Petrella, D. Dezi, D. Mungai, M. Ciceroni e E. Manozzi)
Achille Lauro(アキーレ・ラウロ)
指揮:Beatrice Antolini(ベアトリーチェ・アントリーニ)

■9位:「Finalmente io(意:とうとう私は)」(di V. Rossi, R. Casini, A. Righi e G. Curreri)
Irene Grandi(イレーネ・グランディ)
指揮:Celso Valli(チェルソ・ヴァッリ)

■10位:「Eden(エデン)」(di T. Iurcich e D. Faini)
Rancore(ランコーレ)
指揮:Carmelo Patti(カルメロ・パッティ)
※セルジォ・バルドッティ賞(最優秀作詞賞)受賞
Rancore_SR2020

■11位:「Carioca(カリオカ)」(di R. Gualazzi, D. Petrella e D. Pavanello)
Raphael Gualazzi(ラファエル・グアラッツィ)
指揮:Stefano Nanni(ステファノ・ナンニ)

■12位:「Tikibombom(ティキボンボン)」(di Levante)
Levante(レヴァンテ)
指揮:Daniel Bestonzo(ダニエル・ベストンツォ)

■13位:「Rosso di rabbia(意:怒りで真っ赤に)」(di Anastasio, L. Serventi, M. Azara e S. Tartaglini)
Anastasio(アナスタージォ)
指揮:Enrico Melozzi(エンリコ・メロッツィ)

■14位:「Il sole ad est(意:東に太陽)」(di P. Romitelli e G. Pulli)
Alberto Urso(アルベルト・ウルソ)
指揮:Celso Valli(チェルソ・ヴァッリ)

■15位:「Il confronto(意:比較)」(di M. Masini, F. Camba e D. Coro)
Marco Masini(マルコ・マジーニ)
指揮:Roberto Rossi(ロベルト・ロッシ)

■16位:「Voglio parlarti adesso(意:僕は今君に話したい)」(di E. Bassi, M. Bassi, A. Bonomo e P. Jannacci)
Paolo Jannacci(パオロ・ヤンナッチ)
指揮:Maurizio Bassi(マウリツィオ・バッシ)

■17位:「Niente [Resilienza 74](意:何も [復元74])」(di G. Merk)
Rita Pavone(リタ・パヴォーネ)
指揮:Filadelfo Castro(フィラデルフォ・カストロ)

■18位:「Nell'estasi o nel fango(意:恍惚の中か泥の中か)」(di V. Parisse e M. Zarrillo)
Michele Zarrillo(ミケーレ・ザッリッロ)
指揮:Adriano Pennino(アドリアーノ・ペンニーノ)

■19位:「Baciami adesso(意:今僕にキスをしてくれ)」(di E. Nigiotti)
Enrico Nigiotti(エンリコ・ニジォッティ)
指揮:Celso Valli(チェルソ・ヴァッリ)

■20位:「Come mia madre(意:私の母のように)」(di G. Angi e M. Finotti)
Giordana Angi(ジォルダーナ・アンジ)
指揮:Giovanni Sciabbarrasi(ジョヴァンニ・シァッバッラジ)

■21位:「Musica [e il resto scompare])(意:音楽 [そして馴染みのない残り])」(di M. Canova Iorfida e D. Petrella)
Elettra Lamborghini(エレットラ・ランボルギーニ)
指揮:Enzo Campagnoli(エンツォ・カンパニョーリ)

■22位:「No grazie(意:ノー・サンキュー)」(di A. Signore, J. Ettorre, F. Mercuri, G. Cremona, E. Maimone, L. Grillotti)
Junior Cally(ジュニア・カッリー)
指揮:Enrico Melozzi(エンリコ・メロッツィ)

■23位:「Lo sappiamo entrambi(意:僕らはそれの両面を知っている)」(di Riki e R. Scire`)
Riki(リキ)
指揮:Pino Perris(ピーノ・ペリス)

■失格:「Sincero(意:率直な)」(di Bugo, Morgan, A. Bonomo e S. Bertolotti)
Bugo e Morgan(ブーゴ・エ・モルガン)
指揮:Simone Bertolotti(シモーネ・ベルトロッティ)
※第4夜の出演時にBugoが途中退出し再登場しなかった。

【副賞】
■ミア・マルティーニ賞(批評家賞):「Fai rumore」Diodato
■セルジォ・バルドッティ賞(最優秀作詞賞):「Eden」Rancore
■ルーチョ・ダッラ賞(記者クラブ賞):「Fai rumore」Diodato
■ルネツィア賞(文学的歌詞賞):「Fai rumore」Diodato
■ジャンカルロ・ビガッツィ賞(最優秀作曲賞):「Ho amato tutto」Tosca
■ニッラ・ピッツィ賞(最優秀楽曲&パフォーマンス賞):「Ho amato tutto」Tosca
■TIMミュージック賞(再生回数最多賞) : 「Viceversa」Francesco Gabbani


【新人部門(Nuove Proposte)】
■優勝:「Vai bene cosi`(意:君はこうして元気だ)」(di L. Gassmann e M. Costanzo)
Leo Gassmann(レオ・ガスマン)
指揮:Maurizio Filardo(マウリツィオ・フィラルド)
Leo Gassmann - vincitoreNP_SR2020

■2位:「8 Marzo(意:3月8日)」(di P. Romitelli, R. Di Benedetto, M. Vito, E. Munda e R. Canale)
Tecla(テクラ)
指揮:Marco Vito(マルコ・ヴィト)
※エンツォ・ヤンナッチ賞(最優秀パフォーマンス賞)受賞
※ルーチョ・ダッラ賞(記者クラブ賞)
Tecla - SR2020

■入賞:「Per sentirmi vivo(意:僕が生きてると感じるために)」(di T. Fazioli e L. Zammarano)
Fasma(ファズマ)
指揮:Enrico Melozzi(エンリコ・メロッツィ)

■入賞:「Billy Blu(ビリー・ブルー)」(di G. Artegiani)
Marco Sentieri(マルコ・センティエリ)
指揮:Danilo Riccardi(ダニーロ・リッカルディ)

■選外:「Tsunami(津波)」(di E. Cesaro, E. Via, P. Di Gioia, L. Federici e D. Faini)
Eugenio in Via Di Gioia(エウジェニオ・イン・ヴィア・ディ・ジォイア)
指揮:Carlo Alberto Cipolla(カルロ・アルベルト・チポッラ)
※ミア・マルティーニ賞(批評家賞)受賞
Eugenio in Via di Gioia - Mia Martini_SR2020

■選外:「Due noi(意:僕ら二人)」(di T. Fadimiluyi e A. Filippelli)
Fadi(ファーディ)
指揮:Daniel Bestonzo(ダニエル・ベストンツォ)

■選外:「Il gigante d'acciaio(意:鋼の巨人)」(di G. Martinelli, L. Di Fiandra e P. Mazziotti)
Gabriella Martinelli e Lula(ガブリエッラ・マルティネッリ・エ・ルーラ)
指揮:Carlo Carcano(カルロ・カルカノ)

■選外:「Nel bene e nel male(意:善の中と悪の中)」(di M. Faustini e M. Rettani)
Matteo Faustini(マッテオ・ファウスティーニ)
指揮:Mario Natale(マリオ・ナターレ)
※ルネツィア賞(文学的歌詞賞)受賞
Matteo Faustini-LuneziaNP_SR2020

【新人部門副賞】
■ミア・マルティーニ賞(批評家賞):「Tsunami」Eugenio in Via Di Gioia
■ルーチョ・ダッラ賞(記者クラブ賞):「8 marzo」Tecla
■エンツォ・ヤンナッチ賞(最優秀パフォーマンス賞):「8 marzo」Tecla
■ルネツィア賞(文学的歌詞賞):「Nel bene e nel male」Matteo Faustini


【Sanremo70/カヴァー/第3夜】
■1位:Tosca(トスカ)
「Piazza Grande(意:大広場)」(di G.Baldazzi, S.Bardotti, L.Dalla, Ron)
ゲスト:Silvia Perez Cruz(シルヴィア・ペレツ・クルツ/西歌手)
※オリジナル歌唱はLucio Dalla(ルーチォ・ダッラ)。1972年大会8位。
Tosca + Silvia Perez Cruz - SR2020-OSP

■2位:Piero Pelu`(ピエロ・ペルー)
Cuore matto(意:狂った心)」(di A.Ambrosino, G.Savio)
※オリジナル歌唱はLittle Tony(リトル・トニー)とMario Zelinotti(マリオ・ゼリノッティ)。1967年大会10位。

■3位:Pinguini Tattici Nucleari(ピングイニ・タッティチ・ヌークレァーリ)
メドレー「Settanta volte(意:70回/各年代毎に1曲を選んだメドレー)〜Papaveri e papere(意:ケシとガチョウ/1952年大会2位/オリジナル歌唱:Nilla Pizzi/ニッラ・ピッツィ)、Nessuno mi puo giudicare(意:誰も私を評価できやしない/1966年大会2位/オリジナル歌唱:Caterina Caselli/カテリーナ・カゼッリとGene Pitney/ジーン・ピットニー)、Gianna(ジァンナ/1978年大会3位/オリジナル歌唱:Rino Gaetano/リーノ・ガエターノ)、Sara` perche' ti amo(意:私があなたを愛してるからそうなるわ/1981年大会5位/オリジナル歌唱:Ricchi e Poveri/リッキ・エ・ポーヴェリ)、Una musica puo` fare(意:音楽はできる/1999年大会新人部門8位/オリジナル歌唱:Max Gazze`/マックス・ガッゼ)、Saliro`(意:僕は降りるだろう/2002年大会14位/オリジナル歌唱:Daniele Silvestri/ダニエレ・シルヴェストリ)、Sono solo parole(意:それは単なる言葉/2012年大会3位/オリジナル歌唱:Noemi/ノエミ)、Rolls Royce(ロールス・ロイス/2019年大会9位/オリジナル歌唱:Achille Lauro/アキーレ・ラウロ)

■4位:Anastasio(アナスタージォ)
Spalle al muro(意:窮地)」(di Mariella Nava)
ゲスト:Premiata Forneria Marconi(PFM)
※オリジナル歌唱はRenato Zero(レナート・ゼロ)。1991年大会2位。

■5位:Diodato(ディオダート)
24 mila baci(意:2万4千のキス)」(di P.Vivarelli, L.Fulci, A.Celentano, E.Leoni)
ゲスト:Nina Zilli(ニナ・ズィッリ)
※オリジナル歌唱はAdriano Celentano(アドリァーノ・チレンターノ)とLittle Tony(リトル・トニー)。1961年大会2位。

■6位:Le Vibrazioni(レ・ヴィブラツィオーニ)
Un'emozione da poco(意:取るに足らない感情)」(di I.Fossati, G.Guglielminetti)
ゲスト:Canova(カノーヴァ)
※オリジナル歌唱はAnna Oxa(アンナ・オクサ)。1978年大会2位。

■7位:Paolo Jannacci(パオロ・ヤンナッチ)
Se me lo dicevi prima(意:もし君が先に僕にそれを言っていたのなら)」(di E.Jannacci, M.Bassi)
ゲスト:Francesco Mandelli(フランチェスコ・マンデッリ) とDaniele Moretto(ダニエレ・モレット)
※オリジナル歌唱はEnzo Jannacci(エンツォ・ヤンナッチ)。1989年大会17位。

■8位:Rancore(ランコーレ)
Luce [tramonti a nord est](意:光 [北東への日没])」(di E.Toffoli, Zucchero)
ゲスト:Dardust(ダルダスト) e La Rappresentante di Lista(ラ・ラップレゼンタンテ・ディ・リスタ)
※オリジナル歌唱はElisa(エリーザ)。2001年大会優勝。

■8位:Francesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ)
L'italiano(意:イタリア男)」(di C.Minellono, S.Cutugno)
※オリジナル歌唱はToto Cutugno(トト・クトゥーニョ)。1983年大会5位。

■10位:Marco Masini(マルコ・マジーニ)
Vacanze romane(意:ローマの休日)」(di G.Golzi, C.Marrale)
ゲスト:Arisa(アリーザ)
※オリジナル歌唱はMatia Bazar(マティア・バザール)。1983年大会4位。

■11位:Raphael Gualazzi(ラファエル・グアラッツィ)
E se domani(意:もし明日が)」(di G.Calabrese, C.A.Rossi)
ゲスト:Simona Molinari(シモーナ・モリナリ)
※オリジナル歌唱はFausto Cigliano(ファウスト・チリァーノ)とGene Pitney(ジーン・ピットニー)。1964年大会選外。Mina(ミーナ)のカヴァーでヒット。

■12位:Enrico Nigiotti(エンリコ・ニジォッティ)
Ti regalero` una rosa(意:君にバラを一輪贈るよ)」(di Simone Cristicchi)
ゲスト:Simone Cristicchi(シモーネ・クリスティッキ)
※オリジナル歌唱はSimone Cristicchi(シモーネ・クリスティッキ)。2007年大会優勝。

■13位:Rita Pavone(リタ・パヴォーネ)
1950」(di G.Chiocchio, A.Minghi)
ゲスト:Amedeo Minghi(アメデオ・ミンギ)
※オリジナル歌唱はAmedeo Minghi(アメデオ・ミンギ)。1983年大会選外。

■14位:Irene Grandi(イレーネ・グランディ)
La musica e` finita(意:音楽は終わった)」(di F.Califano, N.Salerno, U.Bindi)
ゲスト:Bobo Rondelli(ボボ・ロンデッリ)
※オリジナル歌唱はOrnella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)とMario Guarnera(マリオ・グァルネラ)。1967年大会4位。

■15位:Michele Zarrillo(ミケーレ・ザリッロ)
Deborah(デボラー)」(di V.Pallavicini, G.Conte, P.Massara)
ゲスト:Fausto Leali(ファウスト・レアーリ)
※オリジナル歌唱はFausto Leali(ファウスト・レアーリ)とWilson Pickett(ウイルソン・ピケット)。1968年大会4位。

■16位:Achille Lauro(アキーレ・ラウロ)
Gli uomini non cambiano(意:男たちは変わらない)」(di G.Bigazzi, G.Dati, M.Falagiani)
ゲスト:Annalisa(アンナリーザ)
※オリジナル歌唱はMia Martini(ミア・マルティーニ)。1992年大会2位。

■17位:Levante(レヴァンテ)
Si puo` dare di piu`(意:もっと与えることができる)」(di G.Bigazzi, U.Tozzi, Raf)
ゲスト:Francesca Michielin(フランチェスカ・ミキェリン)とMaria Antonietta(マリア・アントニエッタ)
※オリジナル歌唱はUmberto Tozzi, Gianni Morandi ed Enrico Ruggeri(ウンベルト・トッッツィ、ジァンニ・モランディとエンリコ・ルッジェーリ)。1987年大会優勝。

■18位:Giordana Angi(ジォルダナ・アンジ)
La nevicata del '56(意:'56年の降雪)」(di C.Vistarini, F.Califano, L.Lopez, F.Cantini)
ゲスト:Solis String Quartet(ソリス・ストリング・クァルテット)
※オリジナル歌唱はMia Martini(ミア・マルティーニ)。1990年大会入賞。

■19位:Elodie(エロディー)
Adesso tu(意:今君は)」(di A.Cogliati, E.Ramazzotti, P.Cassano)
ゲスト:Aeham Ahmad(エイハム・アハマド/シリア出身ピアニスト)
※オリジナル歌唱はEros Ramazzotti(エロス・ラマッツォッティ/エロス・ラマゾッティ)。1986年大会優勝。

■20位:Alberto Urso(アルベルト・ウルソ)
La voce del silenzio(意:静けさの声)」(Mogol, P.Limiti, A.Isola)
ゲスト:Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)
※オリジナル歌唱はTony Del Monaco(トニー・デル・モナコ)とDionne Warwick(ディオンヌ・ワーウィック)。1968年大会14位。

■21位:Junior Cally(ジュニア・カッリー)
Vado al massimo(意:最大限に行く)」(di Vasco Rossi)
ゲスト:Viito(ヴィート)
※オリジナル歌唱はVasco Rossi(ヴァスコ・ロッシ)。1982年大会入賞。

■22位:Riki(リキ)
L'edera(意:つた)」(V.D'Acquisto, A.M.Chiesa, S.Seracini)
ゲスト:Ana Mena(アナ・メナ)
※オリジナル歌唱はNilla Pizzi(ニッラ・ピッツィ)とTonina Torrielli(トニーナ・トッリエッリ)。1958年大会2位。

■23位:Elettra Lamborghini(エレットラ・ランボルギーニ)
Non succedera piu`(意:もう起こらないわ)」(di C.Mori, G.Bigazzi)
ゲスト:Myss Keta(ミス・ケ−タ)
※オリジナル歌唱はClaudia Mori(クラウディア・モーリ)。1982年大会ゲスト。

■24位:Bugo e Morgan(ブーゴ・エ・モルガン)
Canzone per te(意:君への歌)」(di L.Bacalov, S.Bardotti, S.Endrigo)
※オリジナル歌唱はSergio Endrigo(セルジォ・エンドリゴ)とRoberto Carlos(ホベルト・カルロス/ロベルト・カルロス)。1968年大会優勝。


【主なゲスト】
■全夜:Rosario Fiorello(ロザリオ・フィオレッロ/司会・歌手・モノマネタレント)※第3夜は出演せず。
Fiorello - SR2020-OSP
Tiziano Ferro(ティツィアーノ・フェッロ/歌手)
Tiziano Ferro - SR2020

■第1夜:
Al Bano e Romina Power(アル・バーノ・エ・ロミナ・パワー/デュオ歌手)+ Romina Jr. Carrisi Power(ロミナ・ジュニア・カッリージ・パワー/娘)
Al Bano e Romina Power - SR2020-1aOSP
Emma Marrone(エンマ・マッローネ/歌手)
Emma - SR2020-1aOSP-3
Antonio Maggio(アントニオ・マッジォ/歌手) e Gessica Notaro(ジェッシカ・ノターロ)
Antonio Maggio+Gessica Notaro - SR2020-1aOSP
映画『Gli anni piu belli(意:最良の歳月)』出演者たち:Gabriele Muccino(ガブリエレ・ムッチーノ/映画監督)、Pierfrancesco Favino(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)、Kim Rossi Stuart(キム・ロッシ・スチュァート)、Claudio Santamaria(クラウディオ・サンタマリア)、Micaela Ramazzotti(ミカエラ・ラマッツォッティ)、Emma Marrone(エンマ・マッローネ)、Andrea Pittorino(アンドレア・ピットリーノ)、Riccardo Morozzi(リッカルド・モロッツィ)他
Gli anni piu belli_SR2020
Gli anni piu belli - SR2020-1aOSP

■第2夜:
Ricchi e Poveri(リッキ・エ・ポーヴェリ/ヴォーカル・グループ) ※サンレモ市賞(キャリア賞)受賞
Ricchi e Poveri - SR2020-1aOSP2
Massimo Ranieri(マッシモ・ラニエリ/歌手・俳優)
Massimo Ranieri e Tiziano Ferro - SR2020-OSP
Zucchero Fornaciari(ズッケロ・フォルナチァーリ/歌手)
Zucchero - SR2020-1aOSP
Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシォ/歌手)
Gigi D'Alessio - SR2020-1aOSP
Novak Đoković'(ノヴァク・ジョコビッチ/コソボ出身テニスプレイヤー)
Novak Đoković - SR2020-OSP

■第3夜:
Roberto Benigni(ロベルト・ベニーニ/俳優・映画監督)
Roberto Benigni - SR2020-1aOSP
慈善コンサート『Una, nessuna, centomila』(9/19開催)出演女性歌手:Alessandra Amoroso(アレッサンドラ・アモローゾ)、Elisa(エリーザ)、Emma(エンマ)、Giorgia(ジォルジァ)、Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)、Gianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ)、Laura Pausini(ラウラ・パウジーニ)
Una Nessuna Centomila - SR2020-OSP2
Una Nessuna Centomila - SR2020-OSP0
Bobby Solo(ボビー・ソロ/歌手)feat.Alketa Vejsiu(アルケータ・ヴェジュウ/アルバニア司会者)
Bobby Solo - SR2020-OSP
Mika(ミーカ/レバノン出身歌手)
Mika - SR2020-OSP
Lewis Capaldi(ルイス・キャパルディ/英歌手/イタリア系)
Lewis Capaldi - SR2020-OSP
Cristiano Ronaldo (クリスティアーノ・ロナウド/ポルトガル出身サッカー選手)※客席のみ
Cristiano Ronaldo - SR2020-OSP

■第4夜:
Gianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ/歌手)feat. Coez(コエツ/ラッパー) Gianna Nannini e Coez - SR2020-OSP
Ghali(ガリ/ラッパー)
Ghali - SR2020-OSP
Dua Lipa(デュア・リパ/英歌手・モデル/アルバニア系)
Dua Lipa - SR2020-OSP
Tony Renis(トニー・レニス/歌手・プロデューサー)
Tony Renis - SR2020-OSP

■第5夜:
Biagio Antonacci(ビァージォ・アントナッチ/歌手)
Biagio Antonacci - SR2020
Sabrina Salerno(サブリナ・サレルノ/歌手・女優)
Sabrina Salerno - SR2020
Diletta Leotta(ディレッタ・レオッタ/女優)
Diletta Leotta - SR2020
Cristiana Capotondi(クリスティーナ・カポトンディ/女優/サッカー・セリエC副代表)
Cristina Capotondi - SR2020
Edoardo Pesce(エドアルド・ペシェ/俳優)※Alberto Sordi(アルベルト・ソルディ生誕100年記念)
Edoardo Pesce - SR2020
Vittorio Grigolo(ヴィットリオ・グリゴロ/テノール歌手)
Vittorio Grigolo - SR2020
Enrico Ruggeri(エンリコ・ルッジェーリ/歌手)、 Bianca Guaccero(女優・歌手)
Enrico Ruggeri + Bianca Guaccero_SR2020
映画『La mia banda suona il pop(意:僕のバンドはポップを演奏する)』出演者たち: Christian De Sica(クリスティアン・デ・シーカ)、Diego Abatantuono(ディエゴ・アバタントゥオノ)、Massimo Ghini(マッシモ・ギーニ)、Paolo Rossi(パオロ・ロッシ), Angela Finocchiaro(アンジェラ・フィノッキァーロ)他
La mia banda suona il pop - SR2020
Gente de Zona(ジェンテ・デ・ゾーナ/キューバのグループ)
Gente de Zona - SR2020

日伊協会会報『CRONACA』第163号(2020年冬号)発刊

公益財団法人 日伊協会が発行している会報誌『CRONACA』の第163号(2020年冬号)が発刊。
CRONACA163

巻頭特集は『オペラの誕生』。
CRONACA163-2

連載コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』は、『サンレモ2020 2月4日より開催!』です。70回目を迎える世界最大級の音楽祭の見どころについて解説しています。
Sanremo2020_Amadeus
CRONACA163-3

日伊協会の会員・受講者には無償配布されますが、一般の方にも分けてくれるそうです。

詳細・お申込みは、日伊協会のサイトまで。
https://www.aigtokyo.or.jp/?page_id=51

第172回イタリアPOPSフェスタ(2020年1月)レポート(第3&4部:Ermal Meta)

Ermal Meta(エルマル・メータ/39歳/Albania国出身イタリアに帰化)『Non abbiamo armi - il concerto(意:僕らは武器を持たない - コンサート)』(2019)はライヴアルバム。DX盤はMilanoのAssagoフォーラムで行われたライヴ録音DVD2枚+CD2枚に、サンレモ音楽祭2018優勝曲を含むスタジオ録音アルバム『Non abbiamo armi』をおまけに付けた5枚組というテンコ盛りだ。
Ermal Meta - Non abbiamo armi il concerto(2019)

またスタジオ録音の新曲も2曲収録されている。まずは「Un'altra volta da rischiare(意:もう一度危険にさらす)」は、ベテランラッパーJ-Ax(ジェイ・アックス/48歳/Milano出身)をフィーチャリング。

※当サイトでのJ-Axの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/J-Ax

「Ercole(意:ヘラクレス)」

飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得た実力派カンタウトーレで、会場は女性ファンで満杯。優勝曲のパートナーFabrizio Moro(ファブリツィオ・モーロ)を始め、ベテランAntonello Venditti(アントネッロ・ヴェンデッティ)やElisa(エリ−ザ)、スペインからもJarabe De Palo(ハラベ・デ・パーロ)といった豪華ゲストも出演した見どころ満載だ。

Antonello Venditti(アントネッロ・ヴェンデッティ)
Ermal Meta - Antonello Venditti_Non abbiamo armi il concerto

※当サイトでのAntonello Vendittiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Antonello_Venditti

Elisa(エリ−ザ)
Ermal Meta - Elisa_Non abbiamo armi il concerto

※当サイトでのElisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa

Jarabe De Palo(ハラベ・デ・パーロ)
Ermal Meta - Jarabe De Palo_Non abbiamo armi il concerto

そしてErmalがソロ活動を始める前に組んでいたバンドLa Fame di Camilla(ラ・ファーメ・ディ・カミッラ)のメンバーが集結し、彼らの曲を4曲ほど披露する場面も。
Ermal Meta - La Fame di Camilla_Non abbiamo armi il concerto

またサンレモ2018優勝曲「Non mi avete fatto niente(意:お前たちは僕に何もしてくれなかった)」はオリジナルのFabrizio Moroとのデュエットの前にGiuseppe Bortolotti(ジュゼッペ・ボルトロッティ)という8歳の男の子との共演するシーンも見どころだ。小さな体に大人サイズのギター、しかも一番大型のドレッドノートを抱えて完璧な弾き語りをするのだ。Ermalも彼の隣で暖かく見守りつつ、後半は涙ぐんでしまう。
Ermal Meta - Giuseppe_Non abbiamo armi il concerto

Fabrizio Moro(ファブリツィオ・モーロ)
Ermal Meta - Fabrizio Moro_Non abbiamo armi il concerto

※当サイトでのFabrizio Moroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fabrizio_Moro

※当サイトでのErmal Metaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ermal_Meta


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2019年に達する年齢で表記。

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ